出島テクニカルワールド(4月2日推奨銘柄 )

0402s

↑(週足)

 

 

 

0402h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/2(火)日経平均株価は▼3円の21505円で終了。米中の経済指標改善を好感して昨夜の米国株が大きく上昇、円安も進み本日の日経平均も続伸の始まりで寄り付き直後には21744円まで上げ幅を拡大。しかし直近上昇が続いている日経平均ですので買い一巡後は目先の利食いが強まり上げ幅を縮小、終って見れば小幅安。大局的にはもう暫くは上げ下げを繰り返すボックス相場的な値動きが想定され、投資スタンスも銘柄重視でテーマ性の強い銘柄を中心に安値買いを狙うと言う投資スタンスが最善だと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値1231円】

(東1)NTTデータ(9613)  通信  100株
NTT傘下のSI専業最大手の同社ですが、省庁、金融機関に強く、キャッシュレス社会の拡大が見込まれる中で同社はクレジットカードの決済インフラで事実上独占状態、パイが大きくなれば同社の収益も拡大が期待出来ます。又、IoTやAIなど最先端技術でも優位性を持ち、ブロックチェーン活用、ロボット活用の業務自動化にも積極的、中央省庁・地方自治体のIT化投資の拡大やセキュリティー強化なども同社への追い風、業績動向も国内法人向けデジタル需要が好調で2019年3月期業績見通しは大幅増益、過去最高益を更新する見通しです。昨年10月には1607円まで上昇した同社株でしたがその後は下落基調に転じ昨年の12月には1144円、今年の2月にも1144円まで下落しチャート上ではダブル底を形成した格好。下降していた25日移動平均線も横ばいへと変化し、底値固めの局面も終わりつつ有り、見直し買いの動きを想定して買いで対応したい銘柄となります。まずは時価近辺の1230円前後で1回目の買いを実行、仮に安値が有れば直近安値水準の1170円前後で買い増しを狙いたいと思います。当面の上値目処は1400円付近になりますので利食い目処は1400円接近時、但し1100円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】底値買い
【ポイント】 好業績、IT投資関連
【第1買いポイント】  1230円前後
【第2買いポイント】  1170円前後
【売り値目標】  1400円接近
【損切り設定】 1100円を切れば損切り

 

NTT傘下のSI専業最大手。省庁、金融機関に強い。国内は製造や流通向けシステム開発好調でIoT関連の投資増こなす。20年3月期は欧州拡大と北米改善進む。増益。QRコード読み取り互いの口座に送金できる国内初の機能を、銀行向けに18年内提供開始。AI画像診断分析で疾病検出するシステムのグローバル展開準備。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/08
1部
6857
アドバンテスト
4/2終値2762円、推奨時利食い目処とした2800円に接近、明日は利食い実行。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る