出島テクニカルワールド(4月1日推奨銘柄 )

0401s

↑(週足)

 

 

 

0401h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/1(月)日経平均株価は△303円の21509円で終了。米中貿易協議が進展しているとの見方から先週末の米国株が上昇、円安も進み、中国が発表した3月製造業PMIも改善、景気対策が効果を見せ始めたとの見方が強まり本日の日経平均も買い先行の展開で上昇。新元号発表による御祝儀的な買いも入り日経平均は一時21682円まで上げ幅を拡大、新元号発表後は利食いに押されて上げ幅を縮めましたが買い意欲自体は旺盛な状況です。しかし大局的にはもう暫くは上げ下げを繰り返すボックス相場的な値動きが想定され、投資スタンスも銘柄重視でテーマ性の強い銘柄を中心に安値買いを狙うと言う投資スタンスが最善だと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値460円】

(JQ)nmsホールディングス(2162)  サービス  100株
同社は製造派遣・請負の中堅で国内外工場で製造受託サービスや修理請負を展開しています。ソニーから事業譲受で米国・メキシコに生産拠点を構築、フィリピンなど6カ国の外国人技能実習生受け入れが本格始動、2020年3月期には3000人規模を目指すとしています。今日から働き方改革関連法と合わせて、「改正出入国管理法」が施行され、外国人労働者の受け入れ拡大が始まります、同社は既に外国人実習生受け入れの為の新会社を立ち上げるなど先行投資を進めており、2019年3月期業績が減益となるのも先行投資の影響、2020年3月期は増益に転じる見通しで新中期3ヵ年計画として2022年3月期には売上1000億円、営業利益40億円を掲げています。2018年3月の株式分割後は下落基調の展開が続いていた同社株ですが、2019年3月期業績の減益は既に織り込み完了、テクニカル的にも26・13週移動平均線がゴールデンクロス間近であり、2020年3月期の業績回復を見据えた動きが始まりつつ有ります。業績回復と外国人労働者の受け入れ拡大と言うテーマ性を考えれば押し目買い狙いで臨みたい銘柄です。テクニカル的には440円~410円のゾーンが目先の下値支持帯になりますので、まずは440円台で買いを狙い、もう一段の安値が有れば410円台で買い増しを狙いたいと思います。当面は540円付近が上値目処になりますので利食い目処は540円接近時、但し390円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 改正出入国管理法関連
【第1買いポイント】  440円台
【第2買いポイント】  410円台
【売り値目標】  540円接近
【損切り設定】 390円を切れば損切り

 

製造派遣・請負の中堅。国内外工場で製造受託サービスや修理請負を展開。電源事業も育成中。製造派遣は堅調でも柱の製造受託が中国減速。新会社立ち上げ費用負担。20年3月期はソニーの車載関連事業譲受で製造受託が拡大。国内製造派遣伸長、営業益反発。フィリピンなど6カ国の外国人技能実習生受け入れが本格始動、20年3月末に3000人規模目指す。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/29
2部
7919
野崎印刷紙業
4/1終値354円、推奨時損切り価格とした360円を切りましたので損切り。
03/28
1部
6301
小松製作所
4/1終値2649円、待ち伏せ価格への下落の可能性が後退、買い推奨は一旦取り消します。
03/04
ジャスダック
6254
野村マイクロサイエンス
4/1終値677円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、保有継続で上昇を待ちたいと思います。利食い目処は750円接近に変更、損切り設定も630円割れに変更します。
03/01
マザーズ
1447
ITbookHD
4/1終値397円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、保有継続で上昇を待ちたいと思います。利食い目処は440円接近に変更、損切り設定は353円割れに変わりは有りません

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る