出島テクニカルワールド(2月27日推奨銘柄 )

0227s

↑(週足)

 

 

 

0227h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/27(水)日経平均株価は△107円の21556円で終了。昨夜の米国株は小幅安となり、円相場も円高に振れていましたが、昨日はインド空軍によるパキスタン武装組織への空爆報道で売り込まれた反動も有り今日は日経平均も反発。注目されたパウエルFRB議長の議会証言の内容も特に目新しいものは無く材料視はされず、今週は米朝首脳会談や米経済指標を睨みながら、3月メジャーSQに向けて膠着した値動きになりそうです。しかし個別物色意欲が旺盛な状況に変わりは無く、引き続き好業績割安銘柄、物色人気の高いテーマ性を持つような銘柄を中心に買いを考えて行けば特に問題は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値405円】

(東1)TYK(5363)  ガラス・土石  100株
1/30にも買い推奨をして既に利食い済みの同社株ですが再度押し目買いを狙いたいと思います。同社は鉄鋼向け耐火物の大手で海外展開で先行し、米国、欧州、中国などに生産拠点を持ちます。今後需要拡大が期待される炭素製品を育成するなど期待材料も持ちます。米中貿易戦争の悪影響が懸念された鉄鋼業界ですが、環境問題も有って中国が鉄鋼の生産を減産し、その結果アジアの鉄鋼市況も急回復、需要は高水準を維持し、同社主力の鉄鋼向け耐火物や新素材関連製品の売上は良好、今期は既に3回業績の上方修正をしており、2019年3月期業績も過去最高益を更新する見通しです。2020年3月期も好調持続見通しで、日本、中国では景気対策も打ち出され、同社を取り巻く事業環境は引き続き好調が期待出来ます。テクニカル面でも直近高値を突破し、各種テクニカル指標でももう一段の上昇が期待出来る状況、1株利益49円、1株純資産626円、現在の株価水準には割安感も有り押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には400円~380円のゾーンが目先の下値支持帯になりますのでまずは400円前後で買いを実行、仮に安値が有れば380円前後で買い増しを実行したいと思います。当面は450円付近が上値目処になりますので利食い目処は450円接近時、但し2/8安値の353円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、日中景気対策関連
【第1買いポイント】  400円前後
【第2買いポイント】  380円前後
【売り値目標】  450円接近
【損切り設定】 353円を切れば損切り

 

鉄鋼向け耐火物の大手。海外展開で先行し、米国、欧州、台湾、中国に生産拠点。炭素製品を育成。国内は客先生産活況で上振れ。米国も保護主義政策追い風に想定超の伸長。欧州は高粗利品増えて堅調維持。11円配。20年3月期は国内横ばいでも、欧米が牽引し営業益高原続く。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る