日経225先物プロライブ(2月20日号)

2月20日 日経225先物 日足チャート

昨日のアメリカ株式市場は、小幅高。

ウォルマートの第4・四半期国内既存店売上高が・・・
予想を上回ったことを受けて、アメリカ国内の消費動向への信頼が回復、
他にFRBによるハト派転換や米中通商協議への期待感も相まって、
小幅安で始まった後は回復基調となりました。

為替市場では、黒田総裁の追加緩和の可能性を示唆したことから、
クロス円を中心に円安基調。

一方のドルも、アメリカでの利回り低下を受けて弱含みとなり、
ドル円は《110.83》まで上伸後に押し戻される展開となりました。

それらの動きを受けた日経225先物は、《21220円》まで押した後、
アメリカ株価指数の回復に伴いじりじりと値を上げ、
一時《21400円》まで上伸しました。

日米ともに薄商いながら買い優勢の展開となっており、
本日もそのムードが継続するのではと考えています。

本日の予想レンジ 21290円~21600円

売買の活発化がなければ《21500円》が壁となりそうですが、
下値を売るようなムードではないため、
薄商いとなってもこじっかりの展開を想定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る