出島テクニカルワールド(2月18日推奨銘柄 )

0218s

↑(週足)

 

 

 

0218h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/18(月)日経平均株価は△381円の21281円で終了。米中貿易協議進展への期待から先週末の米国株が上昇、その流れを引き継ぎ本日の日経平均も買い先行の展開で急反発。米中貿易協議、米経済の先行き、欧州経済、米政治の混迷など、楽観出来ない要因は多々有るものの、テクニカル面では25日移動平均線に続いて75日移動平均線も超えて来ましたのでもう暫くは流れは上向き、上昇基調が続くとの前提で対応して行くのが現実的判断と言う感じです。しかし先行きを楽観するには時期尚早です、先に述べた不確実要因の動向次第ではいつ相場急変と言う状況になってもおかしくは有りません。引き続き慎重なスタンスは維持しながら、個々の銘柄重視で割安銘柄は買いを狙い、割高な銘柄はカラ売り狙い、カラ売りと買いを柔軟に使い分けて行く様な投資が引き続き最善の対応だと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値386円】

(JQ)アクモス(6888)  通信  100株
同社は、電子商取引支援や金融情報システム、医療系システム開発などを手掛けるITソリューション会社ですが、情報基盤サービスやセキュリティー関連なども手掛け、GIS(地理情報システム)も手掛けている事から自動運転関連、ドローン関連の一面も持ちます。業績も好調で増収増益基調が続き2018年6月期は過去最高益を更新、今2019年6月期見通しも増収増益、過去最高益を更新する見通しで、1/31に発表された今期の中間決算も大幅増収増益で着地、今期の1円増配も発表されています。昨年末の株価急落で同社株も314円まで急落しましたがその後切り返して2/6には430円まで上昇、テクニカル的に見ると当面は400円を中心に上下に振れながら値固めを進めると言う展開が想定されますので、430円~360円のゾーンでの値動きを想定して安値買いを狙い、ボックス相場上限に接近すれば利食い実行、その様な投資も一考だと思います。まずは380円台で1回目の買いを実行、仮にもう一段の安値が有れば360円台で買い増しを狙いたいと思います。当面は430円付近が上値目処になりますので利食い目処は430円接近時、但し340円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。過去最高益更新のドローン・自動運転・セキュリティー関連銘柄として突っ込み買いを狙い、上昇局面で利食い実行、その様な対応で臨みたい銘柄です。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】ボックス相場想定
【ポイント】 最高益更新、セキュリティー関連
【第1買いポイント】  380円台
【第2買いポイント】  360円台
【売り値目標】  430円接近
【損切り設定】 340円を切れば損切り

 

ITソリューション事業主軸に展開。医療系システム開発など重点分野強化にM&A戦略駆使。アンケート集計業務など健康関連の案件増えITサービス堅調。更新需要増でシステム開発、ネットワーク構築など主力ITソリューションが伸びる。自社製の道路区画線診断システム販売は自治体に加え道路標識、航空測量など民間企業も開拓。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/18
ジャスダック
5381
Mipox
2/18終値321円、320円台と300円前後買い下がりですので買いコストは約310円台、推奨から1ヶ月が経過しており、明日は時価近辺で売却して他の銘柄に乗り換えたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る