週トレ短期売買(2月12日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

2/12(火)日経平均株価は△531円の20864円で終了。昨夜の米国市場はNYダウは下落して4日続落となりましたが、ナスダック指数は小幅に上昇して続伸、米中情勢や米つなぎ予算の期限切れを前にして様子見ムードの強い展開になりました。先週末には2月中の米中首脳会談は無いと発言したトランプ大統領でしたが、昨夜は3月中旬にも米中首脳会談を開く予定で協議中との報道が流れ株式市場にも安心感が。しかし米中貿易協議の期限が3月1日ですので、それ以降の首脳会談では、現在中国に課している追加関税引き上げの後となりますので喜べる話しでは有りません。3月1日までに米中貿易協議で合意出来なければ、即座に現在課している追加関税は引き上げるとしていますので引き続き今後の動向を注視して行く必要が有ります。又今週末の15日は米つなぎ予算の期限になりますので、再度政府機関の一部閉鎖になるのか?今後の動向が注目されます。仮に民主党との対立が続き、再度政府機関の一部閉鎖に追い込まれた場合は株式市場も悲観ムードが強まり株式市場も大きく下落する事になります。加えてトランプ大統領は米国の通信会社に対して、中国製の通信機器の使用を禁止する大統領令に署名する見通しも報じられています。現在行われている米中貿易協議への悪影響も警戒されますので、今週も引き続き株式市場の動向を慎重に見極めて行くと言うスタンスが求められます。3連休明けとなる本日の日本市場ですが、先週末に大きく下落していますので今日は一旦買戻しが先行する展開で日経平均も反発。買い安心感に繋がっているのはやはり円安進行です、円相場は110円台を回復し、日経平均も上げ幅を拡大、上げ幅は今年最大となりました。しかし米中貿易協議や米つなぎ予算の期限が近づいているなど、今週は積極的に上値を買うような動きにはなり難く、日経平均に関しても明日以降は上値の重い展開になるのではないかと思います。今週は、まずは週末に期限を迎える米つなぎ予算に対して、新たな予算が組めるかどうか?それとも再度政府機関の一部閉鎖に追い込まれるのか?この行方を見極めなければなりません。

米中貿易協議に関しては、期限となる3月1日まで日々状況の推移を見守ると言う状況が続きます。交渉の推移や米中首脳会談に関しても日々状況は変化し、期限ギリギリまでは出て来る報道にも紆余曲折有ると思います。目先の情報に対して一喜一憂せず最終的な結果を待つ、基本的にはこのようなスタンスを続ける事が重要です。もう暫くは日々出て来る材料次第で株式市場も上下どちらに振れるか解らないと言う不安定な状況が続きます。投資スタンスに関しては上がり過ぎと思える場面ではカラ売りを狙い、売られ過ぎと思える場面では突っ込み買いを狙う、上下に行き過ぎれが逆張り対応、基本的にはその様なスタンスが最善だと思います。

 

 

【当面の相場展望】

米中貿易協議、米つなぎ予算の行方、英国のEU離脱に向けての動向など、依然不透明要因が多々有り、慎重な対応が求められる投資環境に変わりは有りません。今週は21000円突破に再度チャレンジする展開も期待出来ますが、円相場次第と言う感じです。今週の日経平均の予想価格変動レンジは21000円~20300円。

 

 

【明日の見通し】

明日の日経平均の動向は今夜の米国株動向と円相場次第です、今週は日々上下どちらに振れるかは日々出て来る材料次第。

 

 

【投資アドバイス】

先週末には大きく下落していた日経平均でしたが、今日は110円台半ばまで円安が進み日経平均も急反発の展開に。先週末には2月中の米中首脳会談は無いとのトランプ発言やユーロ圏の経済成長率見通しの下方修正など、悪材料が重なり日経平均も大きく下落しました。しかし昨夜は米中首脳会談を3月に開催する事で協議中との報道が有り、先週末には失望が強まった米中情勢にも今日は再度期待が先行する展開に。しかしこの先まだまだ紆余曲折有ると思いますので、米中情勢に一喜一憂し過ぎると短期の値動きに振り回されかねません。又円安進行に関しても現状では過度な期待は禁物、今後の米中情勢次第では常に円高圧力が強まりかねない状況です。又、今日円安が進み、後場に日経平均が一段高になった背景に、今週末の15日に期限を迎える米つなぎ予算に対して、政府機関の一部閉鎖を回避する為に新たな予算措置で共和党と民主党指導部が原則合意したとの報道が有ります。しかしその原則合意したと言う予算措置の中には国境の壁を建設する予算は含まれず、トランプ大統領が納得するかどうかは現時点では不透明です。妥協すればトランプ大統領は支持者から非難を浴びる事になり、妥協しなければ再度政府機関の一部が閉鎖されます。

どのような結果になるのか?トランプ大統領の対応に注目が集まります。同時に本日から再度行われている米中貿易協議の動向にも注目です、まずは次官級の協議が行われ、週末には閣僚級の協議が行われる予定です。どの程度の進展が見られるのか?協議の進展状況次第で、米中首脳会談の予定も変化すると思いますので、引き続き状況の推移を慎重に見極めて行かなければなりません。今日は予想以上に大きく上昇した日経平均ですが、米中情勢、米政治の混迷、英国のEU離脱に向けての混乱、FRBの金融政策など、依然不透明な要因が多々有ります。国内的にも4月には統一地方選挙が有り、夏には参議院選挙、そして10月には消費税の引き上げが待っています。先行きへの不透明感を考えると、積極的には買いづらい投資環境であり、安値が有れば買いは入るものの、上値を買い上がるような動きは出難い相場環境です。又、日々出て来る材料次第で日経平均も上下に振れると言う状況で、値動き的にも安定感は有りません。先週には一時21000円にチャレンジしたものの結局は押し戻されて先週末には急落、20300円付近まで下落しました。そして今日は円安進行が好感されて急反発、しかし今日の上昇も本質的には短期筋や投機筋の買いによる影響が大きいと思います。もう暫くは先行き不透明、日々出て来る材料次第で上下に振れると言う展開が続きそうですが、投資スタンスに関しては上がり過ぎと思える場面ではカラ売りを狙い、売られ過ぎと思える場面では突っ込み買いを狙う、上下に行き過ぎが有れば逆張り対応、基本的にはその様なスタンスが最善だと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る