リアルタイムサービス(12月27日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は722円高の20049円で前場を終了。注目されたクリスマス休暇明けの昨夜の米国市場でしたが、NYダウ、ナスダック指数共に大きく上昇して急反発の展開に。

NYダウは1086ドル高と過去最高の上げ幅を記録し、ナスダック指数も361P高と上昇率としては09年3月以来の大きさに。

米株式市場は連日大きく下げる展開が続きNYダウも4日続落で1880ドルほど下げていましたので、昨夜の上昇で下げ幅の半分を取戻した格好。

米国株の大幅高のキッカケとなったのは良好な経済指標の発表でした、クレジットカードのマスターカードが年末商戦の小売り売上高が過去6年で最も高い伸びを達成したと発表した事が米景気の先行き懸念を払拭。

小売り関連株が買われ、投資家心理の改善から他の多くの銘柄への買戻しを誘い、原油先物相場の上昇も石油関連銘柄への買い材料になりました。

朝方こそマイナス圏で推移する場面が有った米国市場でしたが、次第に上げ幅を広げて一段高に。

下げればアルゴリズム取引などのコンピューター売買も売りを強めるものの、一旦上昇に転じれば連日大きく下げていただけに、コンピューター売買も買い戻し一色になると言う感じ。

米国市場も売られ過ぎ修正の急反発となりましたが、予算を巡るトランプ大統領と民主党の対立、FRBの金融政策を巡るトランプ大統領とFRBの対立など、まだ楽観出来る状況では有りません。

行き過ぎた悲観は一旦修正されましたが、この先も暫くは不透明感が漂う相場状況に大きな変化は無く、もう暫くは不安定な値動きが続くと見ておく方が賢明です。

米国株が大きく反発した事から本日の日本市場も買戻しが先行する展開で日経平均も大きく上昇。

寄り付き直後に20100円まで上値を伸ばし、その後戻り売りに押されて上げ幅を縮める場面も有りましたが、目先の売りが一巡すると再度上げ幅を拡大。

後場のポイントとしては日経平均2万円台を維持して終われるかどうか?又は寄り付き直後の高値20100円を超える事が出来るかどうか?

更に言えば明日の大納会も一段高で終われるかどうか?明日に関しては今夜の米国市場次第となりますが、1年の終わりを締めくくる大納会ですので気持ち良く上昇して終りたいものです。

日米株式市場共に一旦は急反発に転じ、過度な悲観は一時後退と言う状況ですが、急落後の急反発と言う展開の後は暫くは乱高下を繰り返すと言う展開が多々有ります。

今回もその様な展開が想定されますので現段階では余り強気に傾かずと言うスタンスが最善です。

又、安値買いを進めて行く場合も、急がず慌てず、今後の乱高下の展開の中で少しずつ安値での買い増しを進めて行けば良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る