出島テクニカルワールド(10月24日推奨銘柄 )

1024s

↑(週足)

 

 

 

 

1024h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
10/24(水)日経平均株価は△80円の22091円で終了。昨夜の米国市場でNYダウ、ナスダック指数共に一時大きく下げたものの、下げ幅を縮めて終った事から今日の日本市場もまずは反発、しかし買い一巡後は戻り売りに押されてマイナス圏に沈み、後場は再度プラス圏に浮上するなど、強弱感が対立する展開に。中国関連銘柄のキャタピラーやスリーエムの決算が悪かった事から、日本企業にも米中貿易戦争の悪影響が有るのでは?との警戒も浮上、主要企業の決算発表本格化を控えて一段と買い手控えムードが強まりそうな感じです。しかし昨日の日本電産は好調な決算を発表、好業績が期待出来る割安株を中心に安値買いを狙い、先々の上昇を待つと言うスタンスならさほど警戒する必要は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値450円】

(JQ)不二精機(6400)  機械  100株
精密金型、成形品受託が主体で2輪・4輪車部品中心に幅広く展開し医療機器向け精密金型も手掛けている同社ですが足元の業績は好調。既に発表済みの2018年12月期中間決算では期初の計画を大きく上回る増益を達成、経常利益は通期見通しの85%を既に達成しています。精密金型事業が医療機器向けに伸びた他、精密成形品事業でも自動車部品向けが増加、両事業の稼働率向上に伴い利益率が改善、中間決算発表時には通期業績見通しを据え置きましたが上方修正は濃厚と言う業績の推移です。現在の業績見通しでは今期の1株利益見通しは46円ですが、上方修正濃厚ですので現在の株価には割安感が有ります。テクニカル面でも昨年の12月に656円まで上昇した後の調整局面もほぼ一巡し再上昇を伺う局面に有ります。今はまだ不安定な値動きが続いている株式市場ですが、好業績銘柄に関しては安値買いの好機、同社株も下振れの動きが有れば安値買いを狙いたいと思います。当面の下値目処としては、430円~400円のゾーンになりますので、まずは430円台で買いを狙い、もう一段の安値が有れば400円台で買い増しを狙いたいと思います。当面は500円付近が上値目処になりますので利食い目処は500円接近時、但し380円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。株式市場はまだ不安定な値動きですので安値待ち伏せスタンスで買えれば儲け物的発想で対応したいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 上方修正濃厚銘柄
【第1買いポイント】  430円台
【第2買いポイント】  400円台
【売り値目標】  500円接近
【損切り設定】 380円を切れば損切り

 

精密金型から出発、成形品受託が主体。2輪・4輪車部品中心に幅広く展開。中国、東南アに工場。成形品は東南ア2輪・4輪向けが想定以上に増加。金型は医療向け検収進展、前期積み残し分上乗せ。下期から賃貸収入増。人件費、償却費負担を吸収。増益幅拡大。19年12月期も成形品、金型の好調続く。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る