週トレ短期売買(9月26日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

9/26(水)日経平均株価は△93円の24033円で終了。昨夜の米国市場はNYダウは下落して続落、ハイテク株の多いナスダック指数は上昇して続伸、連日の高安まちまちの展開でした。昨夜から始まっている米FOMCの結果を見極めたいとのムードからNYダウは軟調、しかし売りの多くは利益確定売りで、換金した資金はアマゾンなどハイテク株へと流れ、相場の地合いとしては銘柄重視の循環物色と言う感じです。米FOMCの結果は今夜発表されますが、追加利上げは想定内で、注目は今後の金融政策のスタンスです。利上げに前向きなタカ派的なスタンスとなるのか?又は利上げの終わりは近いと言うハト派的なスタンスになるのか?足元の好調な米景気状況を見る限りではタカ派的なスタンスを維持する可能性が高いと思いますが、一応結果を見極めるまでは米国市場も様子見になっている、その様な状況だと思います。

本日の日本市場は9月中間配当の権利落ちで160円程度安くて前日比変らずになりますが、終って見れば93円高、実質的には253円高と予想以上に強い展開でした。日米貿易協議や日米首脳会談への一抹の警戒は有りますが、新たな2国間協議を始める事で一致しており、今夜の日米首脳会談では過激な要求は出て来ないとの見方が大勢です。仮に日米首脳会談を無難に通過すれば一段高になる可能性が高いと思います。自動車・同部品などへの追加関税発動を回避すれば、それは株式市場にとっては買い材料になりますので、日米首脳会談を無難に通過すれば、それ自体が買い材料になって来ます。しかしながら一方では、騰落レシオも130%に近づくなど過熱感は否定出来ません、25日移動平均線に対する上方乖離も拡大しており、一旦適度な調整安の動きはいつおきても不思議は有りませんので、その点は頭に入れた上で対応して行く必要があります。しかしながら適度な調整安が有ればそれは押し目買いの好機、そう考えて対応して良いと思います。

短期的には過熱感が否定出来ない日本市場です、基本スタンスは押し目買い狙いになりますが、買いを急がず慌てず、じっくりと調整安場面を待って順次買いを進めて行けば良いと思います。今は上昇が続いている日経平均ですが、上げ下げの波は必ず有ります。又、相場が新たな局面を迎えた時には少なくても3ヶ月のサイクルになります。ざっくりと言えば年末に向けて上昇基調が続く、その可能性が大ですので、今後の買い出動も急ぐ必要はなく、調整安場面で順次買いを実行して行けば何も問題は有りません。

 

 

【当面の相場展望】

上昇の勢い止まらずと言う感じの日経平均ですが、さすがに短期的な過熱感は否定出来ず、適度な調整場面は近いと考えて対応する方が良いと思います。しかし先駆して上昇した銘柄には利食い売りも出て来ますが、その資金は出遅れ銘柄へと流れますので、日経平均が一旦調整色を強めても循環物色で出遅れ銘柄が次は上昇する、その様な展開になるのではないかと思います。

 

 

【明日の見通し】

日経平均が24000円に到達した事で明日は一旦達成感が出るのかどうか?今夜の米FOMCの結果や日米首脳会談の結果も含めて要注目です。しかし明日上昇でも下落でも大局的に見れば特に問題はなし、出遅れ銘柄中心に買いを考えて行くと言う投資環境だと思います。

 

 

【投資アドバイス】

今日は9月中間配当落ち分が160円ほど有りましたが、終って見れば配当落ち分を即日埋める展開で日経平均は上昇。配当落ち分を加えれば今日は253円高になりますので非常に強い展開だと思います。日米貿易協議や日米首脳会談への警戒も、自動車への追加関税は回避出来るとの見方が大勢、米FOMCも円安要因になるとの見方が強く、主要企業の一段の業績拡大を期待した動きが強まっている感じです。更に安倍政権継続によって10月の国会では補正予算が組まれ、今年起きた自然災害の復旧と、来年の消費税引き上げに備えた景気対策への期待も高まっています。しかし今日は日経平均は大きく上昇していますが、中身を見れば下落している銘柄も多く、今日に関してはやや先物主導で上げたと言う感じも有ります。

又騰落レシオや25日移動平均線に対する上方乖離も拡大しており、テクニカル面から見れば一旦適度な調整安は近いと言う状況です。しかし短期の上げ下げの波は有っても、年末に向けて上昇基調が続くと言う可能性は高く、投資スタンスとしては押し目買いを基本に対応して行く投資環境に変わりは有りません。ざっくりと言えば、先駆して上げている銘柄は買わず、出遅れ感の有るまだ上がっていない銘柄を中心に買いを考え、又は年末までを視野に入れて少し長めのスタンスで投資を考える。その様な対応であれば短期的な過熱感や、一時的に調整安が強まったとしても本質的には何ら気にする事は有りません。大きな流れとしては既に新たな局面に入っており、1月高値の24129円突破に向けて動いている日経平均です。個々の銘柄に関しては多少値動きにばらつきは有りますが、は好業績で割安、又は有望なテーマ性を持つような銘柄はいずれ上昇に転じます。

 

 

【本日の買い推奨銘柄】

ジャスダック銘柄、6888アクモス(本日終値384円)、同社は、電子商取引支援や金融情報システム、医療系システム開発などを手掛けるITソリューション会社ですが、情報基盤サービスやセキュリティー関連なども手掛け、GIS(地理情報システム)も手掛けている事から自動運転関連、ドローン関連の一面も持ちます。業績動向も2017年6月期決算で過去最高純益を更新、8/3に発表された2018年6月期決算も増収増益となり、連続で過去最高純益を更新、2019年6月期の見通しも増収増益で1円増配、多彩な材料性を持つ中で政府がドローンの商用化に向けて規制を緩和する方針が既に示され、ドローンを活用した災害防止監視システムでは有力株とされています。又東京五輪に向けてネットセキュリティー強化方針を政府が表明、同社もその関連銘柄の1つになります。テクニカル的には大局上昇トレンドは継続中、6月高値480円からの調整局面も終盤に有り、再上昇を想定して買いを考える局面だと思います。まずは時価近辺の380円台で1回目の買いを実行、仮に安値が有れば360円台で買い増し実行、利食い目処は440円接近時、但し330円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。過熱感の有る主力銘柄は避けて、次に物色される銘柄を先回りで狙う方が良いと思います。

 

【現在保有している銘柄に関するコメント】

9/18にカラ売りで推奨した7261マツダ(本日終値1334円)、カラ売りゾーンとした1350円以上でカラ売りしている方は明日は手仕舞いをしたいと思います。日米貿易協議で自動車への追加関税は一旦回避される可能性が大。マツダのカラ売りも明日一旦手仕舞いしたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る