出島式投資ワールド(9月20日推奨銘柄)

20180920

(1802)大林組
四季報によると、6月末の単体受注残1兆7568億円(前年同期比3%増)。工事進捗は巡航速度堅持で完工増、採算重視の受注徹底も奏功。海外は北米軸に堅調。再エネも新規バイオマス発電所が稼働。営業益高水準。米国シリコンバレーの技術開発拠点で配筋自動検査システム開発、現地企業との協業深化。茨城県神栖市でバイオマス発電所の用地取得、21年夏に稼働予定。

8月7日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+0.9%の1390億円、経常利益+0.4%の1445億円の小幅な増収・増益だが5期連続の増収・増益の見通し。
2012年6月4日の295円を底値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成してきました。この中で2015年11月26日の1197円まで上昇後、2016年1月21日の922円まで下げて、ボックス相場(B)入りとなりました。このボックス相場の中で2016年8月19日の911円を安値に短期の上昇トレンド(C)へ移行し、ボックス相場(B)を上にぬけて2017年11月9日の1609円の高値をつけてピークとなり、反落となって上昇トレンド(C)を下に切って今年の8月16日の1007円、9月12日の1001円の2点底となって反発し、9月14日に1068円で買転換となっています。そのまま上昇すれば見送りとなります。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①1020~1060円
②900~930円(終値で1000円を切った場合)
①の場合1180~1230円
②まで下げると1020~1050円
現時点ではなし
テクニカルワールドによる全体相場見通し
9/20(木)日経平均株価は△2円の23674円で終了。昨日までの流れを引き継ぎ今日も一時23781円まで上げ幅を拡大、しかし自民党総裁選挙の結果が安倍首相は勝利したものの石破氏が予想以上に得票を伸ばした事から先物主導で売りが強まって14時16分には23582円まで下げ幅を拡大。小幅高で5日続伸となった日経平均ですが、目先の高値警戒感が強まっていると言う感じもします。今後は出遅れている好業績銘柄への見直し買いが期待出来る半面、単に買い戻しで上昇している銘柄は下げに転じる銘柄も出て来ると思います。最終的にはやはり業績が株価を左右します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る