出島テクニカルワールド(9月18日推奨銘柄 )

0918s

↑(週足)

 

 

 

 

0918h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
9/18(火)日経平均株価は△325円の23420円で終了。昨夜トランプ政権は2000億ドル相当の中国製品に対して10%の追加関税を課す事を決定、24日から実行する事になり、来年からは25%に引き上げるとしました。加えて中国が報復措置を取れば新たに2670億ドル相当の中国製品にも追加関税措置を検討すると発表。今日の日経平均も売り先行で安く始まりましたが、その後切り返して次第に上げ幅を広げ、米中貿易戦争が一段と激化するにもかかわらず大幅高に。ショック安も想定された状況ですが、結局は目先の悪材料通過と言う感じで一段高の展開に。正直違和感の有る展開ですが、当面は上昇継続と急反落の両方を想定した上で、個々の銘柄によって売り買い柔軟に対応して行くと言う、少し難しい投資スタンスが求められる投資環境になります。

 

 
<カラ売り推奨>【銘柄情報】【本日終値1310円】

(東1)マツダ(7261)  輸送用機器  100株
トランプ政権が2000億ドル相当の中国製品に追加関税を課す事を決定、米中貿易戦争は一段と激化し、今週末に開かれる日米貿易協議でも、日本に対して過激な要求が突きつけられる可能性も有ります。その標的になるのは自動車、同社は輸出比率が高く、保護主義を強める米通商政策は同社業績にもマイナスの影響が懸念されます。業績動向も2019年3月期は大幅減益見通しであり、テクニカル的にも大局下降トレンドが継続中、直近は一旦リバウンドの動きを強めていますが、同社を取り巻く事業環境を考えると上値は限定的、もう一段の上昇が有れば待ち伏せスタンスでカラ売り狙いが良いと思います。当面の上値目処は1350円~1400円付近になりますので、待ち伏せスタンスで1350円~1400円のゾーンでカラ売りを狙いたいと思います。当面の下値目処は1200円付近になりますので利食い目処は1200円接近時、但し多少の行き過ぎを考慮しても1450円を超えた場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。米金利の上昇は自動車販売にとってはマイナス、更にトランプ政権がいずれ日本車への追加関税、又は数量制限を発動する可能性は高く、同社株への対応としては戻り売りスタンスが良いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1売りポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2売りポイントでエントリー

 

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 下降トレンド継続中
【第1売りポイント】  1350円前後
【第2売りポイント】  1400円前後
【利食いポイント】  1200円接近
【損切り設定】 1450円を超えれば損切り

 

中堅自動車メーカー。低燃費で動力性能高いエンジンが強み。輸出比率高い。トヨタと資本提携。新車販売166万台(2%増)。前期生産増強したグローバル車種『CX‐5』、新車種『CX‐8』が牽引。が、米国販売奨励金や販売店投資、次世代エンジン開発費かさむ。為替影響も重く大幅減益。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
09/12
1部
6501
日立製作所
9/18終値732円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。
09/11
1部
6622
ダイヘン
9/18終値580円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。
09/10
1部
5301
東海カーボン
9/18終値2091円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。
09/07
1部
5363
東京窯業
9/18終値504円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。
09/06
1部
9613
NTTデータ
9/18終値1551円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。
09/05
1部
6632
JVCケンウッド
9/18終値316円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る