出島テクニカルワールド(9月7日推奨銘柄 )

0907s

↑(週足)

 

 

 

 

0907h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
9/7(金)日経平均株価は▼180円の22307円で終了。相次いだ自然災害の悪影響懸念と米通商政策を巡る不透明感を背景に今日も日経平均は売りが優勢、後場開始直後には中国株の下落を受けて日経平均も22172円まで下げ幅を拡大、その後は日銀のETF買いと見られる買いで下げ幅を縮めたものの6日続落で終了。2000億ドル相当の中国製品への追加関税発動、カナダとのNAFTA再交渉、共にこの週末には動きが有りそうな感じです。しかし投資スタンスとしては上下に行き過ぎた動きが有れば逆張りスタンスが最善との考えに変わりは有りません、来週は仮に下振れの動きが有れば好業績銘柄の突っ込み買いを狙う局面だと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値487円】

(東1)東京窯業(5363)  ガラス・土石  100株
8/23に買い推奨して安値無く買えなかった銘柄ですが再度安値買いを狙って見たいと思います。同社は鉄鋼向け耐火物の大手で、海外展開で先行し、米国、欧州、中国などに生産拠点を持ちます。今後需要拡大が期待される炭素製品を育成するなど期待材料も持ちます。米中貿易戦争の悪影響が懸念された鉄鋼業界ですが、環境問題も有って中国が鉄鋼の生産を減産し、その結果アジアの鉄鋼市況も急回復、需要は高水準を維持し、同社主力の鉄鋼向け耐火物や新素材関連製品の売上は良好、8/10引け後の第1四半期決算発表では、中間期と通期の業績を上方修正しています。業績好調を背景に同社株価も上昇トレンドが続いており、5月高値の481円を既に突破しており、目先適度な調整安が有っても大きな流れは上向き、押し目買いスタンスで対応したい銘柄です。当面の下値支持帯は450円~430円のゾーンですので、同社株は100株単位で買えますので、450円台、430円台と買い下がりスタンスで安値買いを狙いたいと思います。安値無く買えなかった場合はまた次の機会を待てば良いと思います。当面の上値目処は520円付近になりますので利食い目処は520円接近時、但し400円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。中国に対して追加関税発動は有るのか?カナダとのNAFTA再交渉の結果は?日本に対しても貿易赤字の削減を求めるのか?状況次第では同社株も一時的な下振れの可能性は有りますので、来週は突っ込み買い狙いで対応したいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、低PBR
【第1買いポイント】  450円台
【第2買いポイント】  430円台
【売り値目標】  520円接近
【損切り設定】 400円を切れば損切り

 

鉄鋼向け耐火物の大手。海外展開で先行し、米国、欧州、台湾、中国に生産拠点。炭素製品を育成。海外は欧州で新規客開拓進み伸長続く。北米は横ばい維持。国内は客先生産活況で鉄鋼向け耐火物、セラミックスとも数量高水準。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/30
1部
7270
SUBARU
9/7終値3089円、待ち伏せ価格への上昇無くカラ売りは出来ず、推奨は一旦取り消します。推奨後に売っていれば週明けは利食い優先。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る