出島先物ワールド(9月6日推奨)

日経先物180906

寄り前情報
昨日の米国市場はダウは反発、ナスダックは続落とまちまちでした。ナスダックの上昇を牽引してきたハイテク株が軒並み売られました。以前から申し上げているように昨年までとは違い、史上最高値を更新したからといってそのまま一段高とはなり難いのが今の米国市場です。出遅れていたダウが上昇して先行していたナスダックが下落するというのは今の米国市場であれば当然の調整です。昨日の日本市場は、日銀のETF買いが入りましたが安値引けとなりました。要するに日銀のETF買いが日本市場の健全な調整を妨げた事で下方向のエネルギーを出し切れませんでした。どれだけ強いナスダックでも調整すべき時に調整する米国市場と日本市場の違いです。この違いが史上最高値を更新できるマーケットと未だ23000円すら回復出来ない日本市場の差になって表れています。いい加減市場関係者も日銀のETF買いが日本市場の底堅さ、強さの源のような考え方は改めるべきだと思います。

ここから先は定期購読ユーザー専用です。 全文をご覧になるためには、下記ボタン(全文を見る)をクリックしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る