出島テクニカルワールド(8月30日推奨銘柄 )

7270S

↑(週足)

 

 

 

 

7270H

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/30(木)日経平均株価は△21円の22869円で終了。昨夜の米国株上昇を好感して今日の日経平均も買い先行で始まり寄り付き直後には23032円まで上昇、しかし中国株が下落して始まると日経平均も一時マイナス圏まで売られるなど先物主導で乱高下。売り一巡後はプラス圏を回復して小幅高で終了、今日で8日続伸ながら上値の重さも気になる展開です。日経平均が23000円を明確に抜けて行くには更に大きな好材料の出現が不可欠と言う感じがします。暫くは23000円~22500円のゾーンで日々出て来る材料や円相場の動向を織り込むと言う展開が想定されます。投資スタンスとしては銘柄によって、カラ売りと買いを使い分けていくような柔軟な対応が求められる投資環境だと思います。

 

 
<カラ売り推奨>【銘柄情報】【本日終値3312円】

(東1)SUBARU(7270)  輸送用機器  100株
車名ブランド「スバル」を手掛け、4駆車や安全技術に強みを持つ同社ですが、収益の柱である米国で原価低減進まず、販売奨励金などのコストも上昇、円高による悪影響も加わり2019年3月期業績見通しは減収減益。2017年3月期以降、3期連続で減益に、業績に連動するように同社株価も17年初以降は下落基調が続いています、同社の収益の柱である米国市場の現状は、FRBの利上げが続き、住宅や自動車など高額品の販売が徐々に悪化している状況、この先も利上げが続く見通しで有る事を考えると、同社業績も一段と悪化する可能性が大、加えてトランプ政権が日本車への追加関税を課す可能性も有り、同社株に対する投資スタンスとしてはもう一段の上昇が有ればカラ売り狙いが良いと思います。テクニカル的には3400円~3500円のゾーンが上値抵抗帯になりますので、この先3400円以上が有ればカラ売りを実行したいと思います。当面は直近安値水準の3100円付近が下値目処になりますので利食い目処は3100円接近時、但し3600円を超えた場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。待ち伏せスタンスで3400円以上を待ち、有ればカラ売りを実行、上昇無く約定出来なければ又次の機会を待てば良いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1売りポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2売りポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 下降トレンド継続中
【第1売りポイント】  3400円前後
【第2売りポイント】  3500円前後
【利食いポイント】  3100円接近
【損切り設定】 3600円を超えれば損切り

 

車名ブランド『スバル』。4駆車や安全技術に強み。輸出比率高い。航空機も。トヨタが筆頭株主。世界販売110万台(3%増)。国内はモデル端境期で反落。柱の米国は新型SUV3車種で台数増だが原価低減進まず。販売奨励金も重い。円高影響で大幅営業減益。リコール費見込まず純益横ばい。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/23
1部
5363
東京窯業
8/30終値496円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。
08/17
ジャスダック
7841
遠藤製作所
8/30終値708円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る