出島テクニカルワールド(6月8日推奨銘柄 )

0608s

↑(週足)

 

 

 

 

0608h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/8(金)日経平均株価は▼128円の22694円で終了。今日は週末で、来週には米朝首脳会談と米FOMCも控えており、昨日まで4日続伸の日経平均ですので今日は一旦利食いが先行する展開で株価も反落。今日はメジャーSQでしたがSQ値は22825円になりました、終値がSQ値を下回り、過去の経験則では来週は上値が重いと言う見方になりますが、米朝首脳会談の結果次第ですので、SQ値に対する過去の経験則も今回はさほど関係ないと思います。来週も投資スタンスとしては下値不安の少ない銘柄で吹き上げの可能性を持つような銘柄を中心に買いを考えるのがベターと言う投資環境です。

 
【銘柄情報】【本日終値436円】

(JQ)ネクストウェア(4814)  情報通信  100株
同社は銀行・生損保などの金融機関や製造業向けアウトソーシングが主力ながらデジタル地図事業やブロックチェーン技術の開発、顔認証システム、セキュリティー事業などを手掛けています。デジタル地図はドローンや自動運転に通じる材料性、顔認証システムやブロックチェーン技術もセキュリティーサービスにおいて今後市場拡大が期待出来る事業分野です。株式市場においても同社に対する収益成長期待は強く、テクニカル的にも大局上昇トレンドは継続中です。6/4には一時477円まで上昇した同社株ですがその後は一旦調整入り、当面は上げ下げを繰り返しながら25日移動平均線付近の値固めを進め、その後調整一巡となれば再上昇と言う展開が想定されます。現在25日移動平均線は400円台に位置しており、この先日々上昇して行く事を考えると410円前後で押し目買いを待ち伏せすると言うスタンスが良いと思います。又は同社株は100株単位で買えますので、420円台、410円台、400円台と買い下がりスタンスで対応するのも一考です。当面は480円付近が上値目処になりますので利食い目処は480円接近時、但し380円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 テーマ性多彩な銘柄
【第1買いポイント】  410円台
【第2買いポイント】  400円台
【売り値目標】  480円接近
【損切り設定】 380円を切れば損切り

 

 

DBシステムのアウトソーシングが中心、メーカーに強み。デジタル地図サービス事業を新展開。銀行・生損保等の金融機関や製造業向けアウトソーシング堅調。CATV局向け伝送路施設設計・管理システムも好調。19年3月期は製造業からの案件増えアウトソーシング順調。顔認証システムの引き合い増加、来期から業績寄与。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る