出島テクニカルワールド(5月31日推奨銘柄 )

05831s

↑(週足)

 

 

 

0531h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/31(木)日経平均株価は△183円の22201円で終了。イタリアとスペインの長期金利が低下した事から警戒が一旦後退、昨夜の米国株も急反発し、本日の日経平均も一旦反発。過度な警戒は一旦和らいだものの、依然情勢は流動的で不透明、日経平均に関してはもう暫くは上げ下げを繰り返すもみ合いが続きそうな感じです。しかし中小型テーマ株や好業績銘柄は欧州情勢や円高の悪影響も限定的、投資スタンスとしては下値不安が乏しい、テーマ株や好業績銘柄の安値買いを狙い、先々の反発を待つと言う対応が良いと思います。但し、安全重視なら相場環境好転まで新規の買いは休み、持ち株の値動きを見守るだけが良いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値1451円】

(東1)シュッピン(3179)  小売業  100株
同社は時計やカメラを軸に専門性の高い商材の中古品や新品をネットと店舗で販売しています。
足元業績も好調で、2018年3月期決算は大幅増収増益で着地して過去最高益を更新、2019年3月期も2ケタの増収増益を見込み、連続で過去最高益を更新する見通しです。6/19に東証マザーズ市場にフリマアプリ運営会社のメルカリが上場します、メルカリ上場に際して注目が集まりそうな銘柄はやはりリユース(中古品)関連銘柄です。同社の今期1株利益見通しは52円、過去最高益更新が続く業績を考えれば割高感はなく、テクニカル的にも大局上昇トレンドは継続中。但し欧州情勢や米朝首脳会談など、警戒すべき要因も有る状況ですので、大きな下振れの動きが有った時だけ突っ込み買いを狙いたいと思います。テクニカル的にはまずは1400円前後、下振れすれば1300円前後が当面の下値目処になりますので、まずは1350円前後で買いを待ち伏せし、1300円前後が有れば買い増しを実行したいと思います。同社株は100株単位で買えますので、100株ずつ買い下がるような投資ならリスクも少ないと思います。当面は昨年12月高値水準の1700円付近が上値目処になりますので利食い目処は1700円接近時、但し1100円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。下振れ無く買えなかった場合は又次の機会を待てば良いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 リユース関連、過去最高益更新
【第1買いポイント】  1350円前後
【第2買いポイント】  1300円前後
【売り値目標】  1700円接近
【損切り設定】 1100円を切れば損切り

 

カメラを軸に専門性高い商材の中古品や新品をネットと店舗で販売。会長はソフマップ創業者。時計はネット通販、店舗とも高額品大幅増。カメラは買い取り増が奏功し決算賞与等こなす。19年3月期もカメラ、時計が好走。倉庫増床による効率化が進み、前期年末年始の機会ロス解消。営業益続伸。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る