出島テクニカルワールド(5月22日推奨銘柄 )

0522s

↑(週足)

 

 

 

0522h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/22(火)日経平均株価は▼42円の22960円で終了。米中貿易摩擦懸念が後退して昨夜の米国株は上昇しましたが、日本市場は昨日既に先取りする格好で上昇しており、今日は円相場も円高に振れ110円台後半に、日経平均も小幅に反落すると言う展開。テクニカル的には上昇トレンド継続中の日経平均ですが、騰落レシオにやや過熱感も出ており、23000円を回復した事で一旦目先の目標達成感も出ています。円相場次第では有るものの、今週は23000円付近の値固めを進めると言う展開になりそうです。しかし日々物色の強弱は有れども個別物色旺盛は投資家心理に変わりは有りません、好業績で割安感が有る銘柄や、市場人気の高いテーマ性を持つような銘柄を中心に押し目買いで対応して行くならさほど問題は無い投資環境だと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値353円】

(東1)ユニデンHD(6815)  電気機器  1000株
同社株は5/15にも買い推奨をしたものの、待ち伏せ価格への下落無く上昇して買えず、あらためて買いを狙いたいと思います。ドライブレコーダー、CB無線機器、コードレス電話などを手掛けている同社ですが、北米でドライブレコーダー、CB無線機器が好調、国内車載モニターも好調で不動産事業も着実に収益に貢献。5/14大引け後に2018年3月期決算と2019年3月期の業績見通しを発表しましたが、共に良好な内容に、特に今期業績見通しは売上高、営業利益見通し共に倍増する勢いで1株利益も45円に急増。同社1株純資産は500円程度、海外売上比率の高い同社ですが想定為替レートは105円と保守的、業績の急拡大を背景に、目先の調整が一巡すれば400円付近を目指す展開が期待出来ると思います。テクニカル的には330円台が目先の下値支持帯になりますが、約定確率を優先するなら340円台で押し目買いを狙うと言う対応が良いと思います。買えれば儲け物的対応なら330円台が有れば買いとなります。当面は400円付近が上値目処になりますので利食い目処は400円接近時、但し300円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、割安株
【第1買いポイント】  340円台
【第2買いポイント】  330円台
【売り値目標】  400円接近
【損切り設定】 300円を切れば損切り

 

無線機器やコードレス電話が主力で米国、豪州中心に海外事業比率が高い。不動産事業を拡充。北米でドライブレコーダー、CB無線機器が好調。国内は車載モニター牽引。不動産大幅増。19年3月期は電話機なお縮小。が、北米堅実。豪州で監視カメラ増加。国内は新規OEM増、後半主体に不動産が着実。営業益堅調。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る