出島テクニカルワールド(4月12日推奨銘柄 )

0412s

↑(週足)

 

 

 

 

0412h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/12(木)日経平均株価は▼26円の21660円で終了。トランプ大統領がシリア攻撃を示唆してシリアを支援しているロシアも批判、悲観ムードが強まるような状況にはなっていませんが、状況の推移を見極めたいとのムードが強まり株式市場も膠着した展開に。日経平均は値動きが膠着し、物色の中心は個別物色、明日にSQを控えて仕掛け的な動きも無く、株式市場のムードとしては次の手掛かり材料を待つと言う感じです。この先国内主要企業の決算発表を控えて日経平均は暫くは膠着した展開になりそうですが、引き続き銘柄重視で個別対応と言う投資スタンスならさほど神経質になる事は無いと思います。暫くはピンポイントで個を狙って対応して行く投資環境になると思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値739円】

(JQ)三光産業(7922)  その他製品  100株
同社は接着剤付きラベルやステッカーなど、特殊印刷品を製造しており、スマホやPC、自動車関連などタッチパネル関連の受注が好調で足元の業績も好調推移。2018年3月期業績見通しは増収増益、4-12月期累計で既に純利益は3月期見通しを超過しており、上方修正は濃厚と言う状況です。2019年3月期も増収増益見通しにあり、加えて同社1株純資産は1413円、PBRは0,5倍程度で現在の株価には割安感も有ります。好業績割安と言う事だけでなく、直近ではICタグ関連の一面に注目が集まり、同社株も4/3には一時938円まで急騰、その後調整局面となっていますが、テクニカル的には上昇トレンドは継続中、調整完了後には再上昇に転じる可能性が大となりますので、ここからの安値に対しては押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。テクニカル的な下値支持帯は700円~650円になりますので、まずは700円前後で1回目の買いを実行し、仮に650円前後への下げが有れば買い増し実行で良いと思います。又は同社株は100株単位で買えますので、700円付近から650円付近までを想定して少しずつ買い下がって行くと言う買い方も良いと思います。当面は900円付近が上値目処になりますので利食い目処は900円接近時、但し600円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績、低PBR銘柄のICタグ関連銘柄として押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 低PBRのICタグ関連
【第1買いポイント】  700円前後
【第2買いポイント】  650円前後
【売り値目標】  900円接近
【損切り設定】 600円を切れば損切り

 

接着剤付きラベル、ステッカー等特殊印刷品製造。中国・ASEANで拠点整備中。国内はタッチパネルの歩留まり改善。中国もタッチパネル関連の受注想定超。営業増益幅拡大。19年3月期は引き続き中国のタッチパネル関連製品が主導。タイの軌道化が課題だが、営業増益基調。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
04/09
1部
9972
アルテック
4/12終値426円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消して、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る