出島テクニカルワールド(3月29日推奨銘柄 )

0329s

↑(週足)

 

 

 

 

0329h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/29(木)日経平均株価は△127円の21159円で終了。今日は円相場が106円台半ばまで円安が進み日経平均も反発。朝方は107円に近づき日経平均も上げ幅を広げて21298円まで上昇しましたがその後円高に振れると14時頃には一時マイマス圏まで押し戻される場面も有りました。大引けにかけて再度上げ幅を広げて終りましたが、円相場睨みで不安定な値動き、テクニカル的にも依然200日移動平均線を下回っており下降トレンドの流れは継続中。しかし日経平均と主力銘柄は連動しますが、テーマ株や材料株に関しては買われる銘柄も多く、当面は指数の値動きよりも個々の銘柄重視で対応して行く投資環境との解釈で良いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値582円】

(東2)三光合成(7888)  化学  100株
同社は工業用樹脂部品の大手で自動車向けが主体、次世代の自動車車体や部材への利用が視野に入る炭素繊維の強度を生かす成形技術開発に取り組むなど注目材料も有ります。加えて見る方向によって色調や明暗の変化を樹脂製品に与える事を可能にした「ゆらぎ華飾技術」も注目されており、足元の業績動向も好調。2018年5月期業績見通しは増収増益、中間決算時点での業績進捗状況を見ると上方修正への期待も高まります。今期1株利益見通しは51円、同社1株純資産は618円、現在の株価水準には割安感も有り、もう一段の安値に対しては買い下がり対応で臨みたい銘柄となります。2/1には849円まで上昇した同社株でしたが、その後は調整入りとなり現在の調整局面は継続中。テクニカル的には200日移動平均線が位置している530円台が大きな下値支持帯になりますが、同社株は100株単位で買えますので、約定確率を考えて570円台、550円台、530円台と少しずつ買い下がって行きたいと思います。当面は660円付近が上値目処になりますので利食い目処は660円接近時、但し500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績、低PER・PBR銘柄で炭素繊維の材料性を持つ銘柄として押し目買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績割安銘柄
【第1買いポイント】  570円台
【第2買いポイント】  550円・530円台
【売り値目標】  660円接近
【損切り設定】 500円を切れば損切り

 

工業用樹脂部品の大手。自動車向け主体。金型の外販も。生産拠点をアジアや北米に拡大中。顧客の投資拡大や増産受け海外で受注拡大。自動車内外装部品と金型が増。生産効率改善し営業益小幅増。営業外一時金剥落だが特損も減。2部上場記念配。19年5月期は自動車部品向けを軸に拡販。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/22
ジャスダック
3266
ファンドクリエーションG
3/29終値177円、本日高値192円、推奨時利食い目処とした200円接近を達成して利食い完了

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る