出島テクニカルワールド(3月28日推奨銘柄 )

0328s

↑(週足)

 

 

 

0328h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/28(水)日経平均株価は▼286円の21031円で終了。昨夜の米国市場がハイテク株主導で大きく下落し、本日の日本市場も売りが先行する展開で前場には一時20776円まで下げ幅を拡大。しかし目先の売りが一巡した後は押し目買いで切り返して下げ幅を縮小、今日は配当の権利落ち分が160円ほど有りますので、実質的には126円安。今日の値動きを見て、底堅いと見るか?上値は重いと見るか?見方も分かれますが、テクニカル的には依然200日移動平均線を下回っており、下降トレンドの流れは継続中。しかし日経平均と主力銘柄は連動しますが、テーマ株や材料株に関しては買われる銘柄も多く、当面は指数の値動きよりも個々の銘柄重視で対応して行く投資環境との解釈で良いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値1299円】

(東1)高千穂交易(2676)  卸売業  100株
同社は独立系技術商社の老舗で、万引き防止装置などシステム機器とデバイスが主力。海外では防火システムも手掛け、入退館管理システムも手掛けています。株式市場ではICタグや無人レジ関連銘柄への人気が高まっていますが、同社もイスラエルのスーパースマート社の新世代チェックアウトシステムの取り扱いを開始、これは自分のスマホを使って商品バーコードのスキャンを済ませ、従来レジで行っていた作業を省略する事でレジ処理の時間を大幅に削減するシステムです。業績動向も好調で、2018年3月期は増収増益が見込まれ、2019年3月期も増収増益が続く見通し、来期1株利益は70円で同社1株純資産は1510円、好業績でセキュリティー、無人レジ関連のテーマ性を持つ銘柄として押し目買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には1250円~1200円のゾーンが目先の下値支持帯になりますので約定確率を優先するなら1250円前後で買いを狙い、買えれば儲け物的対応なら1200円前後が有れば買いとなります。当面は1500円付近が上値目処になりますので利食い目処は1500円接近時、但し2/14安値の1065円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。テクニカル的にも上昇トレンドが継続中、上げ下げをしながらも株価水準を切り上げて行く展開が期待出来ます。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、無人レジ関連
【第1買いポイント】  1250円前後
【第2買いポイント】  1200円前後
【売り値目標】  1500円接近
【損切り設定】 1065円を切れば損切り

 

 

独立系技術商社老舗。万引防止装置などシステム機器とデバイスが柱。海外で防火システム展開。システム機器堅調、期末に商品監視の好採算案件想定。19年3月期もシステムは入退館管理等堅調、海外防火増勢。機構部品は住宅設備向け開拓奏功。タイ一般ビル向け防火システムが規制強化も追い風に伸長。火力発電所等向け高度防火システムも東南アで拡販。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る