週トレ短期売買(3月22日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

3/22(木)日経平均株価は△211円の21591円で終了。注目された米FOMCの結果と会合後のパウエルFRB議長の会見は、ほぼ市場が予想した範囲内と言う事で無難に通過。年内利上げ回数が4回に増えるのでは?との警戒は低下し、現時点ではこれまでの予想通り年3回の利上げになるとの見方が大勢。もちろん今後の米経済状況次第と言う一面は有りますが、今後の米経済は過熱せず緩やかな拡大が続くとの見通しも発表され、株式市場もFRBの見通しに反応すると言う展開です。ざっくりと言えば米経済は緩やかな拡大基調が続く、利上げも緩やかに慎重に進めて行くと言うこれまでの想定に大きな変化は有りませんでした。米FOMCの結果発表後にはNYダウは一時250ドル高まで上げ幅を広げましたが、貿易戦争懸念や今後も利上げが続く事への懸念が意識され、NYダウも終って見れば小幅安。米利上げ加速懸念が後退した事は株式市場には追い風ですが、円相場に対しては円高圧力となりますので、今日の円相場も円高が進み105円台の半ばに。日経平均株価は円高でも上昇していますが、円高基調が続く限りは日経平均の上昇も一時的で上値は限定的です。今日の日経平均の上昇も直近の下げに対する買戻しが中心だと思います、米FOMCを無難に通過した事から、直近に売っていた投資家が買戻しを進めた、簡潔に言えばその様な状況だと思います。日経平均株価に関しては、当面は上げ下げを繰り返すボックス相場的な値動きが続くと思います。株式市場を取り巻く環境としては、トランプ政権の保護主義の強まりや、米中、米欧の通商摩擦の高まり、国内でも森友問題による政治の停滞など、様子見材料が多く、暫くは日経平均の上値も限定的になりそうです。上値は重いものの、しかし配当狙いの買い需要で下値も底堅い、当面はその様な展開になると思います。繰り返しになりますが、このような相場状況では個別物色の動きが強まります、当面は個別物色が強まる展開を期待して、保有銘柄の吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。日経平均に関しては当面上値の重い展開が続きそうですが、銘柄重視の個別対応ならさほど神経質になる必要は無いと思います。

 

 

【当面の相場展望】

国内外共に買い見送り材料になるような要因が多く、主力銘柄が手がけ難い状況では日経平均の上値も限定的です。しかし下げれば割安感から押し目買いニーズは強く、下値不安も限定的。当面は全体よりも個別重視、その様な投資環境が続きます。

 

 

【明日の見通し】

明日の動向も今夜の米国株と円相場次第ですが、日々上下どちらに振れても大局的にはボックス相場は変らず、当面は日経平均の値動きは余り気にしないで個々の銘柄を重視して対応して行くスタンスが最善です。

 

 

【投資アドバイス】

FOMCとパウエルFRB議長の会見を無難に通過した事から今日の日本市場は買戻しが強まり日経平均はじり高の展開になりました。昨夜の米国市場が小幅に下落した事から今日の日経平均も小幅安で始まりましたが、その後24時間取引市場で米株価指数先物が上昇に転じた事も有り、日経平均も時間の経過と共に上げ幅を広げると言う展開になりました。

しかし直近3日続落となっていましたので今日の上昇も買戻しが中心の上昇、円高基調が続く限りは日経平均の上値も限定的になると思います。加えて森友問題にある程度の目処が出て来ない限り海外投資家の積極的な買いは入りづらいと思います。又、今夜はトランプ大統領が中国からの輸入品に対して追加関税措置を発表する予定です、内容がどうなるのか、中国はどのような対抗措置に出るのか?米中貿易戦争懸念が高まるようだと世界の株式市場にとっても大きな悪材料になります。国内外共に懸念材料が山積する相場状況では有りますが、一方では世界経済は非常に堅調です。見方を変えれば経済が良いからこそ、つまらない政治的対立も出来ると言う一面も有り、良好な経済が今は唯一の救いです。

実体経済が悪化しない限り、多少の政治的な問題も過度に警戒する必要は無い、その様な見方も出来ると思います。日本市場に関しては、もう暫くは2月の暴落的な下げのあとの相場修正場面と言う状況が続きますが、良好な実体経済を考えれば悲観する事は無いと思います。保有している銘柄に関しても、もう少し時間が掛かると思いますが、いずれ上昇に転じて含み損から含み益へと転じる時期が来ます。又、もう少し相場状況が良くなり、本格的な反発に転じる兆しが見えれば、現在保有している銘柄の安値での買い増しも考えたいと思います。ざっくりと言えば、保有銘柄に関しては引き続き保有継続で上昇を待つ、そして新規の買い出動に関しては銘柄重視の発想で順次対応して行くと言うスタンスで良いと思います。

 

 

【本日の買い推奨銘柄】

明日はジャスダック銘柄、3266ファンドクリエーショングループ(本日終値152円)の買いを狙いたいと思います。不動産や太陽光発電のファンド組成・運用受託が主力の同社ですが、付加価値化した中古不動産の販売や新規開発案件、米国物件の販売が好調に推移し今期業績は急回復の見通し。加えて外国人観光客を対象とした宿泊施設を運営する、町屋旅館オペレーター国内最大手のAJインターブリッジと資本業務提携をしており、今後インバウンド需要を新たな収益源に育てる方針。テクニカル的に見れば、前期の業績悪化は既に株価に織り込み済み、足元では今期の業績急回復を織り込む流れが始まっています。今年の1月には200円まで急騰した同社株でしたが、その後は反落となり2/6には120円まで下落、しかしその後は底堅く推移しジリジリと安値を切り上げる展開、テクニカル面でも押し目買い有利のチャート形状ですので押し目買い狙いで対応したいと思います。まずは140円台で1回目の買いを狙い、もう一段の安値が有れば130円台で買い増しを実行したいと思います。当面は200円付近が上値目処になりますので利食い目処は200円接近時、但し110円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る