出島テクニカルワールド(3月14日推奨銘柄 )

0314s

↑(週足)

 

 

 

0314h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/14(水)日経平均株価は▼190円の21777円で終了。トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任し、政治の混乱を警戒するムードが強まり昨夜の米国株は下落、本日の日本市場もティラーソン国務長官解任に加えて森友問題で再度国会が機能停止状態で有る事が嫌気されて株式市場も反落。しかし東証1部の売買代金は今年の最低を記録して売りが強まると言う状況では有りません、様子見ムードが強まると言う状況で、物色も個別物色が中心。引き続き銘柄重視で個別に対応して行くと言う投資スタンスが最善と言う投資環境です。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値386円】

(東1)北沢産業(9930)  卸売業  100株
同社は業務用厨房機器販売の大手で全国に販売網を持ちます、中食需要が拡大する中で、食品スーパー向けの厨房機器販売が好調、更に訪日外国人客の増加を背景にホテル向け需要も好調で、同社の足元の業績も好調に推移、今後東京五輪に向けて宿泊施設関連の需要拡大が期待出来、同社事業に対して追い風が吹く事業環境です。好業績を背景に同社株価も2月後半から上げ足を速めて2/28には一時420円まで上昇、その後は高値圏でのもみ合い相場となっていますが、業績の上方修正期待と同社1株純資産484円を考えれば依然株価には割安感が有り、安値が有れば押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には360円~340円付近が目先の下値支持帯になりますのでまずは360円台で買いを狙い、もう一段の安値が有れば340円台で買い増しを狙いたいと思います。買えれば儲けもの的対応ですので安値無く買えなければ又次の機会を待ちたいと思います。当面は420円付近が上値目処になりますので利食い目処は420円接近時、但し320円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。ティラーソン米国務長官が解任され、森友問題で国内政治も再度混迷しています、若干先行きへの不透明感が再度強まっている状況ですが、内需系の好業績割安株の安値買い狙いならさほど神経質になる必要は無いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】安値買い狙い
【ポイント】 好業績、低PBR銘柄
【第1買いポイント】  360円台
【第2買いポイント】  340円台
【売り値目標】  420円接近
【損切り設定】 320円を切れば損切り

 

フライヤーなど業務用厨房機器販売の大手。全国に販売網を構築。家庭用キッチンにも注力。柱の厨房機器は居酒屋向け苦戦でもスーパーや外食向け底堅い。ホテル向け大型案件漸増。19年3月期はホテル向け増え営業益堅調。焼く・煮る・蒸す等多機能調理機器を市場投入。省スペース設計・効率的調理の実現訴求し、新規顧客開拓に弾み。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/08
2部
2354
安川情報システム
3/14終値596円、推奨時待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消して、今後の値動きを見て再度推奨を検討します。
02/27
1部
7908
KIMOTO
3/14終値339円、業績修正発表で下落、推奨時損切り設定価格を切りましたのでリスク管理上損切り。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る