出島テクニカルワールド(12月15日推奨銘柄 )

1215s

↑(週足)

 

 

 

 

1215h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
12/15(金)日経平均株価は▼141円の22553円で終了。昨夜の米国株が下落して円高も進行、今日は日本市場も売りが先行する展開で11時20分には22478円まで下落、しかし後場に入ると買い戻しの動きが強まり一時プラス圏に浮上しましたが、大引けが近づくと再度下げに転じて下げ幅を拡大。週末と言う事も有って最後はポジション解消売りが出たと言う感じの展開です。ムード゙的には日経平均が上昇するに越した事は有りませんが12月相場は全体よりも銘柄重視、個を重視して対応して行くと言う投資スタンスなら特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値530円】

(東1)NTN(6472)  機械  100株
同社はベアリング大手3社の一角で、等速ジョイントは世界シェア2位、ハブベアリングでは世界トップシェア。建設機械や産業機械向けが想定を超える好調、自動車向け等速ジョイントも堅調、10/31には2018年3月期業績の上方修正も発表しています。阪大と協働研究所を設立し、同社技術を使い、創薬や人口細胞研究を支援、モーターなど電気自動車向け部品の開発を手掛けるなど株式市場の人気テーマに関連する材料性も有ります。11/9には590円まで上昇した同社株もその後は一旦調整入り、しかし上昇トレンドは継続中で、テクニカル的には520円~500円付近が下値支持帯、同社株は100株単位で買えますので、520円台でまずは1回目の買い出動、仮にもう一段の安値が有れば500円台で買い増しを実行したいと思います。当面は11月高値水準の590円付近が上値目処になりますので利食い目処は590円接近時、但し470円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。建設機械や産業機械は好調な世界経済を背景に受注が良好、同社業績にも恩恵が期待出来る状況です、更に創薬や電気自動車関連の材料性もキッカケ一つで注目が高まりやすい材料、好業績で割安感のあるテーマ株として押し目買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績テーマ株
【第1買いポイント】  520円台
【第2買いポイント】  500円台
【売り値目標】  590円接近
【損切り設定】 470円を切れば損切り

 

ベアリング大手3社の一角。等速ジョイントは世界シェア2位、ハブベアリングは世界トップ。建機など産機用ベアリングが想定超。自動車向け等速ジョイントも堅調増。創業100周年配。19年3月期は補修市場向けが牽引。阪大と協働研究所を設立、当社技術使い創薬や人工細胞研究支援。モーターなどEV向け部品の開発に注力。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/17
1部
3106
クラボウ
12/15終値349円、買いコスト330円台、推奨から1ヶ月が経過、週明けは売却して少なくても手堅く利益を取りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る