出世株発掘ドリーム・レポート(2017年12月5日推奨 )

船イラスト

 

日経平均株価12/5終値22622円

日経平均1205

 

 

 

 

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

11/9に一時23382円まで上昇した日経平均もその後は一旦日柄調整局面を迎え、22500円を挟んでの膠着した展開が続いています。日経平均はこれまで月初めの取引では17ヶ月連続上昇しており、12/1も注目されましたが、若干乱高下をしたものの終わってみれば94円高で月初の連続上昇記録は18ヶ月連続に更新。師走相場のスタートとしては好スタートを切りましたが、その後は反落で大局的に見れば依然日柄調整が継続中と言う展開です。しかし、テクニカル面では依然上昇トレンドに変化は無く、国内主要企業の足元の業績も良好、米国では税制改革案が下院に続いて上院でも可決され、もしかすると米税制改革は頓挫するのでは?との一抹の不安も無くなりました。

 

しかしここに来て、フリン前大統領補佐官がFBIの取調べに対して偽証した事が明らかになり有罪に、北朝鮮情勢も再度緊張が高まるなど警戒材料も浮上しています。又、米上院軍事委員会のメンバーでもある共和党のリンゼー・グラム上院議員が、報道番組の中で、北朝鮮との軍事衝突が近づいている、米国防総省に対して在韓米軍の関係者を非難させるように求めたと発言した事も警戒材料に。今週末はメジャーSQですので、投機的な売買も増え易く、今週は日経平均も多少上下の振れが大きくなるかもしれません。しかしながらその様なSQ要因も一時的な事です、今週末のメジャーSQを通過すれば影響もなくなり、年末高に向けた動きも期待出来ると思います。簡潔に言えば今週は海外情勢やメジャーSQ要因で乱高下し易いものの、売られ過ぎる場面が有れば安値買いの好機になります。又企業の好業績を背景に上昇基調が続く株式市場との見方も変わりません、今週末のメジャーSQを考えれば、今週の日経平均は22500円~23000円のゾーンでの値動きが想定されます。仮に22500円~23000円のゾーンを上下どちらか抜けるような動きが有れば一時的には抜けた方に一段と振れると言う事になりますが、それでも週末には22500円~23000円のゾーンに戻っていると思います。

 

メジャーSQを通過すれば多くの機関投資家も身軽になりますので、新たな売買も手掛け易くなります。しかし米国でのロシア疑惑の再燃、北朝鮮情勢を考えれば主力銘柄は手がけ難く、日経平均も暫くは膠着した展開になり易いと見る事が出来ます。しかしながら物色意欲は旺盛な市場環境ですので、資金はおのずと個別物色へと向かわざるを得ず、12月相場は新興市場銘柄やテーマ株、中小型材料株などが物色の中心になると言う可能性が高いと思います。騰勢が強まる時期も有れば調整色が強まる時期も有るのが株式市場です、しかし今の日本市場は大局上昇トレンドの中にあり、調整完了後には再上昇に転じます。引き続き銘柄重視の対応で、株価吹き上げの要素を持つ銘柄の安値を仕込み、じっくりと吹き上げを待つと言う投資が今の日本市場ではリスク少なく大きな利益に繋がる投資になると思います。

 

 

 

 

本日の買い推奨銘柄

JQ サービス 2341 アルバイトタイムス 12/5終値270

 

買いゾーン①時価 ②250円台有れば 利食い目処450500円 損切り220円割れ

 

同社は無料求人情報誌「DOMO」を発行、静岡県が地盤ですが、7月から首都圏でも人材紹介事業を開始。日本では人手不足感が強まっており企業の求人需要は拡大基調、現在有効求人倍率が43年ぶりの高さになるなど同社の事業環境には追い風となる状況です。又同社は外国人採用支援サービスも展開しており、人手不足解消の国策として、外国人材受け入れ拡大に向けて政府も前向きに動いており、安倍政権が打ち出している、働き方改革関連と言う一面も有ります。短期的には年末にかけてのアルバイト需要の高まり、来年以降も一段と人手不足感は強まる事が予想されます。東京五輪に向けても、外国人労働者の採用増加が予想され、先々同社にとってはビジネスチャンスが拡大して行く事が想定されます。同社は7円配当で利回りも3%近く、無借金経営で財務も良好、一段と人手不足感が強まる中、株価が低位と言う事も加わり、見直し買いの動きが強まる展開が想定されます。先を見据える長期投資としては、安値を仕込み先々の吹き上げを待つと言うスタンスで同社株は安値仕込みの局面に有ると思います。又、現在の同社の時価総額は72億円程度、同社の利益剰余金は48億円程度有り、大規模な自社株買いを実施する余力が有る事も思惑を高める要因。

 

2341 アルバイトタイムス 月足チャート

アルバイトタイムス月足MS

 

 

 

 

【現在保有中の銘柄に関するアフターフォロー・コメント】

  今回は特になし

※    何もコメントが無ければ保有している銘柄は現状維持(保有継続)の方針とお考え下さい。 

 

 

 

※次回の提供日は12/15(金)です。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る