リアルタイムサービス(12月5日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は95円安の22611円で前場を終了。昨夜の米国市場は、上院での税制改革案可決を好感してNYダウは一時300ドル程度上昇、しかし上院と下院の中身が違う事から今後調整が長引くとの見方も有り、買い一巡後は目先の利益確定売りに押されて上げ幅を縮小。又今回の税制改革案では銀行や小売業は収益が押し上げられると見られていますが、アマゾンやマイクロソフトなどのIT企業は現在の実効税率が低く、さほど好影響は無いとの見方からNYダウの上値を押さえる要因に。ロシア疑惑の再燃や北朝鮮情勢などもあり、株価上昇時には目先の利益確定売りが強まるのも致し方有りません。しかし本質的には好調な企業業績を背景に強含みの米国市場との見方に変わりは有りません。昨夜の米国市場でハイテク株が売られた事から本日の日本市場でもハイテク株が売られる展開で日経平均は下落。ハイテク株売りが日経平均を押し下げると言った展開ですが、今日は新興市場銘柄やテーマ株、中小型の材料株も売りに押される展開で、全般的にやや軟調と言う状況です。しかし株価に上げ下げの波は付き物で、安値が有れば先を見据えて買いチャンスとの考えに変わりは有りません。今日は人手不足関連銘柄としてジャスダック銘柄の2341アルバイトタイムス(前場終値267円)の買いを実行したいと思います。同社は無料求人情報誌「DOMO」を発行、静岡県が地盤ですが、7月から首都圏でも人材紹介事業を開始。日本では人手不足感が強まっており企業の求人需要は拡大基調、現在有効求人倍率が43年ぶりの高さになるなど同社の事業環境には追い風となる状況です。又同社は外国人採用支援サービスも展開しており、人手不足解消の国策として、外国人材受け入れ拡大に向けて政府も前向きに動いており、安倍政権が打ち出している、働き方改革関連と言う一面も有ります。テクニカル的にも上昇トレンドが継続中、現在25日移動平均線が250円台に位置していますので250円台までの調整安は有るかもしれませんが、約定確率を考えれば、同社株は100株単位で買えますので、260円台、250円台と2回に分けて買い下がると言う対応が良いと思います。当面は2015年高値水準の320円台が上値目処になりますので利食い目処は320円接近時、但し230円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。同社は7円配当で利回りも3%近く、無借金経営で財務も良好、一段と人手不足感が強まる中、株価が低位と言う事も年末に向けて物色人気を集め易い要因です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る