出島テクニカルワールド(11月13日推奨銘柄 )

1113s

↑(週足)

 

 

 

1113h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/13(月)日経平均株価は▼300円の22380円で終了。先週一旦目先の天井を打った日経平均は今日も調整色が強い展開で株価が続落。14時半頃までは22500円台で推移していましたが、その後先物主導で売りが強まり下げ幅を拡大、反発力が弱いと見て、目先の利食いがあらためて強まると言う感じの展開。テクニカル的には25日移動平均線が21800円付近に位置しており、このまま調整が続けば今週中には調整完了の局面も訪れそうです。引き続き好業績銘柄、割安銘柄中心に安値買い狙いのスタンスなら特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値519円】

(東1)SMK(6798)  電気機器  1000株
同社はコネクターなど接続部品の大手で、スマホ向けが主軸、車載用タッチパネルにも強みを持ち、自動車用リアビューカメラ用製品も安定成長。10/25に発表した9月中間決算は減収減益となったものの、足元の業績進捗状況から判断して2018年3月期見通しは上方修正、新製品の投入、原価低減、経費削減による結果との事。決算発表後は若干乱高下をした同社株ですが、業績の回復基調を評価する買いで株価は底堅い展開、テクニカル的にも上昇トレンドは継続中で、もう一段の安値が有れば押し目買いを狙いたい銘柄、日経平均も一旦調整局面を迎えていますが、先を見据えれば業績好調銘柄は押し目買いのチャンスだと思います。テクニカル的には490円~480円付近が下値支持帯になりますので、490円台が有れば買いを実行したいと思います。買えれば儲けもの的対応なら480円台が有れば買いとなります。当面は直近高値水準の570円付近が上値目処になりますので利食い目処は570円接近時、但し450円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。IoTの本格化で、既に対応無線モジュールを開発している同社はIoT関連の一面も持ちます。同社1株純資産は472円、1株利益43円を考えれば現在の株価に割高感は有りません。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 好業績、スマホ、IoT関連
【第1買いポイント】  490円台
【第2買いポイント】  480円台
【売り値目標】  570円接近
【損切り設定】 450円を切れば損切り

 

コネクターなど接続部品の大手。スマホ向け主軸。タッチパネルにも強み。リモコンも展開。衛星放送向けリモコンのシェア低下。車載用タッチパネルは下期より新製品寄与。コネクターは中国スマホ向けシェア争い厳しいが北米向けが補い、ヘルスケア向けは最終製品伸び大きく営業益反発。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
10/11
ジャスダック
4736
日本ラッド
11/13終値1123円、買いコスト1150円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、引き続き保有継続で上昇を待ち、1300円前後で利食いを実行したいと思います。但し900円を切ればリスク管理上損切り。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る