リアルタイムサービス(11月6日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は2円高の22541円で前場を終了。日本が祝日で休みだった先週末金曜日の米国市場は、朝方に発表された10月の雇用統計が市場予想に届かなかったものの、失業率が4,1%と2000年以来の水準に低下した事が好感されてNYダウ、ナスダック指数共に上昇。加えて米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した10月の非製造業景況感指数が改善した事も買い材料に。簡潔に言えば失業率が下がり、経済指標も良かった事から米景気の先行きへの楽観が強まり株式市場も上昇と言う展開です。米国株のみならず先週末はドイツのDAX指数も過去最高値を更新、欧米株高に加えて今日は円相場も114円台の半ばまで円安が進行。3連休明けの本日の日本市場も買い先行で始まり日経平均株価は続伸、一時22644円まで上げ幅を広げましたが、その後は一転して売りに押されて上げ幅を縮小。強含みの展開に変わりは有りませんが、今週末はSQですので、今日に関しては日経平均の22500円付近がやや意識されていると言う感じです。国内主要企業の9月中間決算発表も中盤を通過しましたが、今週はトヨタや商社などの決算発表が控えています。これまで発表された主要企業の決算内容は総じて良好、企業収益の拡大に加えて円相場もジリジリと円安が進み、世界経済の拡大基調も続いていますので、やや過熱感も感じる株価上昇ですが、企業業績の拡大で株価上昇の過熱感もさほど感じないと言う状況になっています。日経平均の上昇基調は喜ばしい事では有りますが、唯一難点を言えば日経平均の上昇に片寄り過ぎている事です。日経平均は上昇していますが、個々の銘柄ではばらつきが有り、特に中小型株や材料株、新興市場銘柄などは、いまだ本格的な上昇局面は迎えていません。先日にも述べましたが、日経平均に片寄った上昇が続いている間は、中小型株や材料株、新興市場銘柄も我慢の時が続きますが、しかしそれは過熱感が無いと言う事でも有り、循環物色が始まれば次に上昇する銘柄群と言う事でも有りますので、弱気になる必要は有りません。逆に少し先を見据えるなら中小型株や材料株、新興市場銘柄こそ今安値を仕込む銘柄でも有ります。ざっくりと言えば現在保有中の銘柄も引き続き保有継続で先々の上昇を待つと言う対応で問題は有りません。仮に主力大型株を買ってもここからの上昇率は限られています、それに引き換え、中小型株や材料株、新興市場銘柄などは、本格的な循環物色が始まれば短期間で大きく上昇しますので、多少の時間をかけても十分に元は取れます。目先を見るのではなく少し先を見据える、その様なスタンスで引き続き対応して行けば最終的には結果は付いて来ます。後場は特にする事は有りません、保有銘柄の値動きを見守るだけで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る