出島テクニカルワールド(10月31日推奨銘柄 )

6888S

↑(週足)

 

 

 

6888H

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
10/31(火)日経平均株価は▼0,06円の22011円で終了。昨夜の米国株の下落と円高進行で今日は売り先行で始まり寄り付き直後には21840円まで下落した日経平均でしたが、売り一巡後は押し目買いが入って徐々に下げ幅を縮小、一時はプラス圏に浮上する場面も有りました。日経平均の騰勢も徐々に弱まって来ていると言う感じ、しかし底堅い展開は変わらず、徐々に日柄調整色が強くなると思いますが、物色動向としては出遅れ銘柄物色に移行するだけですので、引き続き銘柄重視で出遅れ感の有る割安銘柄を中心に買って行くならさほど神経質になる必要は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値334円】

(JQ)アクモス(6888)  情報通信  100株
同社は、電子商取引支援や金融情報システム、医療系システム開発などを手掛けるITソリューション会社ですが、情報基盤サービスやセキュリティー関連の引き合いが旺盛で足元の業績も好調。2017年6月期決算では過去最高純益を更新、今期見通しも増収増益見通しで1円増配、米国に追随して日本でもビッグデータ時代の到来は確実で、同社ビジネスにはフォローの風が吹く事業環境です。テクニカル的にも上昇トレンドが継続中、直近10/12には391円まで上昇した同社株ですがその後は短期急騰に対する調整局面になっていますが目先の調整場面も終盤、再上昇に転じる展開が期待出来ます。明日は時価近辺の330円台で買い出動、買えれば儲けもの的発想なら320円台が有れば買いとなります。当面は直近高値水準の390円付近が上値目処になりますので利食い目処は390円接近時、但し290円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。これまで日経平均に片寄った上昇が続いて来た日本市場ですが、この先は出遅れ銘柄や同社のような成長期待銘柄への買いが強まって行きます、出遅れ好業績、成長期待銘柄として買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、成長期待銘柄
【第1買いポイント】  330円台
【第2買いポイント】  320円台
【売り値目標】  390円接近
【損切り設定】 290円を切れば損切り

 

ITソリューション事業主軸に展開。医療系システム開発など重点分野強化にM&A戦略駆使。従業員支援プログラム関連業務順調で、ITサービス上向く。自動車業界軸に案件増えアウトソーシング堅調。システム開発やネットワーク構築サービスなどセキュリティ関連が伸長。営業増益。増配。情報漏洩を無害化する超高速秘密分散ソリューション開発。IT事業者など向け拡販。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
10/20
1部
7971
東リ
10/31終値412円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度チャンスが有れば買い推奨を考えたいと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る