週トレ短期売買(10月30日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

10/30(月)日経平均株価は△3円の22011円で終了。先週末27日の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数、S&P500の主要3指数が揃って上昇。マイクロソフト、インテルが好決算を発表してNYダウの上昇を牽引し、アマゾンやフェイスブックが買われてナスダック指数を牽引。主要企業の業績好調を背景に株式市場も強気継続と言う展開が続いています。FRB次期議長を巡る思惑も株式市場には追い風、現時点では金融正常化を急がないと見られているパウエル理事が有力と報じられ株式市場も好感。米国株の堅調な展開を受けて今日は買い先行で小高く始まりましたが円相場が113円台へと円高に振れ、日経平均も次第に売りが強まり11時10分には21921円まで下落。しかし今の日本市場では下がれば押し目買いのニーズは強く、目先の売りが一巡した後は日経平均も切り返してすかさずプラス圏に浮上。久し振りに下げ幅を広げましたので日銀のETF買いが入ったとの報道も有りましたが、そもそも多少の円高ぐらいでは今の日本市場は崩れません。今の日本市場では適度な下げは押し目買いのチャンスと言う感じで、一旦利食いを実行した投資家の資金が再度入って来ると言う感じです。しかし強含みの展開では有るものの、日経平均の騰勢は徐々に減速していると言う感じです。現在日本市場では9月中間決算の発表が本格化しており、ざっくりと言えば総じて好調な決算だと言えると思います中には減益決算の企業も当然有りますが、大勢としては増益決算の企業が多く、多くの企業では収益が拡大している、その様な感じです。好業績の背景としては、円相場の影響よりも海外経済の好調が影響していると言う状況で、世界経済が好調な中で足元円安基調が続いていますので、株式市場にとってはベストな状況です。又中国の5年に1度の共産党大会も終わり、一段と経済を発展させるとの方向が示された事も株式市場にはプラスに働いています。大局的に見れば強含みの展開が続く株式市場との見方は変わりませんが、しかし短期的に見ればやはり近々一旦調整場面は訪れると見て対応して行く方が賢明だと思います。しかし日経平均が一旦調整局面を迎えてもそれは日柄調整の可能性が大、又日経平均が日柄調整を迎えても、出遅れ銘柄への物色が強まり循環物色になりますので、さほど警戒する必要は無いと思います。

 

 

【当面の相場展望】

予想を超える強い展開で22000円を超えて来た日経平均、テクニカル的には5日移動平均線(本日は21850円付近に位置しています)を下支えとして上昇が続いており、5日移動平均線を切らない限り上昇基調が続く、切れば一旦適度な調整安が有りそうです。

 

 

【明日の見通し】

想定される価格変動レンジは22200円~21850円、上昇基調が続いている日本市場ですが、徐々に騰勢は減速気味、物色の中心は徐々に出遅れ銘柄へと移りつつあります。

 

 

【投資アドバイス】

今日から日銀金融政策決定会合が始まっていますが、特に政策の変更は予定されておらず、結果は現状維持と言う事になると思います。市場関係者の注目は決定会合後の黒田総裁の記者会見です、株高が進む現状でもETF買いは続けるのか?欧州が金融緩和の縮小を決めましたが、日銀はどうするのか?マイナス金利は?など、記者の質問に対して黒田総裁がどのように回答をするのか?今後の日銀の金融政策を判断する上で、黒田総裁の発言には注目が集まっています。徐々に上値の重さが出始めている日経平均ですが、今日は売買代金も4兆円を超えて活況と言う状況です。4兆円レベルの売買代金がこの先も続くなら目先の利食いも十分に吸収してじり高基調の展開も期待出来ますが、先々売買代金が徐々に減少して行くようだと要注意です。当面は売買代金の推移を特に注視して見て行きたいと思います。テクニカル面では10月以降の株価上昇局面において日経平均は5日移動平均線を下値支持線として上昇して来ています。5日移動平均線に沿って上昇して来ている、それが分かり易い見方ですが、言い換えればこの先日経平均が5日移動平均線を切った時は一旦適度は下げが有るかもしれません。先々仮に5日移動平均線を切ってもさほど大きな問題は有りませんが、一旦調整色が強くなると言うように理解していれば良いと思います。しかしそれも日経平均に関しての事で、銘柄重視で対応している限り特に問題は有りません。日経平均の上昇が止まれば出遅れ銘柄への買いが強まると言う事に変わりは有りません。

 

 

【保有銘柄に関するコメント】

現在保有中の銘柄に関して明日は数銘柄を利食い実行し、一旦買いポジションの縮小をしたいと思います。

 

9478SE H&I(本日終値260円)、買いコストは240円台と230円台ですので時価近辺で売れば少しですが利益が出ます。明日は時価近辺で利食い実行、ポジションを解消したいと思います。

 

1921巴コーポレーション(本日終値466円)、推奨時利食い目処とした470円に接近、明日は利食い実行。

 

5216倉元製作所(本日終値250円)、買いコストは230円台ですので時価近辺で売れば少しですが利益が出ます。明日は時価近辺で利食い実行、ポジションを解消したいと思います。

 

4406新日本理化(本日終値303円)買いコストは270円、推奨時利食い目処とした330円には届きませんが、明日は手堅く利食い実行で利益を取りたいと思います。

 

その他の保有銘柄に関しては引き続き保有継続で対応したいと思います。又明日以降出遅れ銘柄の買いを実行したいと考えています。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る