リアルタイムサービス(9月5日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は122円安の19385円で終了。今日は小高く始まりましたが直ぐにマイナス圏に沈み、その後はじり安基調で下げ幅を拡大。しかし後場に入ると下げも一服、ほぼ横ばいの展開になり、今夜の米国市場を待つと言う感じになりました。日経平均に関しては再度200日移動平均線に接近、明日上下どちらに振れるかが注目されますが、明日の日経平均の動向は今夜の米国株次第です。今日は小型株にも売りが強まりマザーズ指数は今年最大の下げ幅を記録しました、しかしそれは中国で仮想通貨に対する規制が強化された事でビットコインが急落して関連銘柄が急落した事が大きく影響しています。その他2部銘柄やジャスダック銘柄なども多くの銘柄が売られましたが、北朝鮮情勢の不透明感を嫌気して一旦ポジションの解消を進めたと言う事だと思います。しかしその様な状況はこれまでにも何度も有りました、一旦ポジションを解消すれば手元には資金が戻って来ます。その資金は北朝鮮情勢が一旦落ち着きを見せればすかさず株式市場に戻って来ます、その時にはやはり小型材料株やテーマ株を買うと言う事になりますので、一時的な資金の出入りは有れども物色の中心が小型材料株やテーマ株で有る事に変わりは有りません。北朝鮮の核実験を受けて初めての売買になる今夜の米国市場ですが、上昇して終われば明日の日本市場も株価反発します。逆に下落して終るようだと明日の日本市場も下落、そうなると日経平均は200日移動平均線を下回ると言う事になりますのでテクニカル的に見るともう一段の下げも想定しなければなりません。しかしその場合でも52週移動平均線が19000円付近に位置していますので、当面は一段安の展開が有ったとしても日経平均19000円付近が下値目処です。今年の4月には一時18224円まで下落している日経平均ですので、それと比べればまだまだ水準的には上に有ります。又、北朝鮮情勢も直ぐに米朝戦争が無い以上は過度に悲観的になる必要は無いと思います。大局的に見ればもう一段の安値が有れば銘柄重視の投資に関する限りは安値買いのチャンスです。引き続き主力銘柄などは買い見送りが良いと思いますが、内需系の好業績割安株や割安なテーマ株など、銘柄を厳選した上での安値買いは高い確率で利食いに繋がります。今夜の米国株の動向を見極めた後、明日以降にもう一段の安値が有るようなら順次買い出動をしたいと思います。先々いずれ北朝鮮情勢が一旦落ち着く時期が訪れます、その時には多くの銘柄がリバウンドで上昇する事になります。今週のスタンスとしては買いを急ぐ必要は有りませんが、売られ過ぎ場面が有れば淡々と安値を拾う、その様な対応が先々の利益に繋がると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る