出島テクニカルワールド(8月28日推奨銘柄 )

0828s

↑(週足)

 

 

 

0828h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/28(月)日経平均株価は▼2円の19449円で終了。注目されたジャクソンホール会合ではイエレンFRB議長、ドラギECB総裁共に今後の金融政策に関する発言は行わず、株式市場も特に反応は無し。その結果ドルが売られて円高が進行、しかし日経平均の反応は限定的、イベント通過で動き易くなった資金は個別物色に向かうと言う展開に。引き続き好業績割安銘柄、テーマ株など、銘柄重視の対応なら特に神経質になる必要は無いと思います。米債務上限問題や北朝鮮情勢への懸念は有りますが、銘柄重視の投資であればさほど気にする必要は有りません。

 

 

【銘柄情報】【本日終値385円】

(東2)三光合成(7888)  化学  100株
同社は工業用樹脂部品の大手で自動車向けが主体、次世代の自動車車体や部材への利用が視野に入る炭素繊維の強度を生かす成形技術開発に取り組むなど注目材料も有ります。業績見通しも好調、2018年5月期は増収増益見通しで1株利益は55円、同社1株純資産は565円で、現在の株価には割安感が有ります。8/22には8/28付けでジャスダック市場から東証2部へ市場変更をすると発表して、割安感に注目が集まり同社株も急伸、その後高値もみ合い局面が続いていますが、株式市場では主力銘柄が手掛け難い状況が続いており、2部割安銘柄を物色する動きも旺盛、業績面から見た割安感や自動車関連、炭素繊維関連と言う材料性も有り、もう一段の上昇が期待出来ますので買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には370円台が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば380円台で買いを実行で良いと思います。安値待ち伏せなら370円台が有れば買いとなります。当面は440円付近が上値目処になりますので利食い目処は440円接近時、但し8/14安値352円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績低PER・PBR銘柄で、割安銘柄修正高の動きが続く2部銘柄として時価近辺の株価は買い有利だと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】追撃買い
【ポイント】 好業績、割安2部銘柄
【第1買いポイント】  380円台
【第2買いポイント】  370円台
【売り値目標】  440円接近
【損切り設定】 352円を切れば損切り

 

工業用樹脂部品の大手。自動車向け主体。生産拠点をアジアや北米に拡大中。18年5月期は主力の成形品が自動車や情報機器向け堅調。タイの自動車向けも改善傾向。金型は更新投資軸に順調増。ホンダ米国現法からバギー部品受注、18年8月から量産へ。米国で日系完成車メーカーとの直接取引に突破口。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/08
2部
7896
セブン工業
8/28終値259円、推奨時利食い目処とした270円に接近、明日は利食い優先で手堅く利益を取りたいと思います。
07/27
2部
6894
パルステック工業
8/28終値209円、推奨から1ヶ月が経過、買いコストは200円台と190円台ですので明日以降210円以上有れば売却してポジションを解消したいと思います。
07/26
ジャスダック
8225
タカチホ
8/28終値178円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で上昇を待ちたいと思います。利食い目処は190円台に変更、損切りは160円切れば損切り。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る