出島テクニカルワールド(8月25日推奨銘柄 )

0825s

↑(週足)

 

 

 

0825h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/25(金)日経平均株価は△98円の19452円で終了。今日は円安進行が好感され日経平均は反発、しかしジャクソンホール会合を見極めたいとのムードが強く売買代金は低調、週末でも有り、ポジション調整の結果が日経平均の上昇に繋がったと言う感じ。今日も個別物色意欲は旺盛、引き続き好業績割安銘柄、テーマ株など、銘柄重視の対応なら特に神経質になる必要は無いと思います。ジャクソンホール会合の結果も特にサプライズは無いと思います、来週はイベント通過であく抜け感が出て、個別物色の動きが徐々に強まって行くと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値364円】

(東2)川金HD(5614)  鉄鋼  100株
同社は、素形材、土木建築機材、産業機械が3本柱で橋梁用支承のトップメーカーです。主力の素形材は工作機械向けの異形鋼が好調、精密鋳鋼品も中国工場安定、今後国内で東京五輪向け工事が本格化する事を考えれば一段の収益拡大が期待出来ます。8/4に発表された今期第1四半期決算は対前年同期比で大幅増収・増益となったものの、2018年3月期見通しが減収減益見通しで有る事から株価も急反落。しかし1株利益は45円、同社1株純資産は755円、2018年3月期業績見通しの減収減益も鋼材・ゴムなどの材料高を見込んだ結果の慎重な見通し、世界経済にさほど過熱感は無く、先々通期見通しの上方修正は十分に期待出来ると思います。現在の株価水準は割安、見直し買い流入の動きが期待出来ると思いますので買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には350円台が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば時価近辺の360円台で買いを実行して良いと思います。安値待ち伏せなら350円台が有れば買いとなります。当面は400円付近が上値目処になりますので利食い目処は400円接近時、但し330円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。低PER・PBR銘柄として、安値を仕込み吹き上げを待つと言う対応で臨みたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 低PER・PBR銘柄
【第1買いポイント】  360円台
【第2買いポイント】  350円台
【売り値目標】  400円接近
【損切り設定】 330円を切れば損切り

 

素形材、土木建築機材、産業機械が3本柱。中核は川口金属工業。橋梁用支承のトップメーカー。主力の素形材は工作機械向けに異形鋼の高原続く。精密鋳造品も構造改革実施の中国工場が安定。ただ、土木建築機材は前期復興需要特需の橋梁向けが反動減。産業機械も掘削機用ジャッキ伸び悩む。中国新工場は日系自動車向け案件から中国、欧州向けへ販路を順次拡大。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る