リアルタイムサービス(8月25日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は98円高の19452円で終了。昨日は80円安の日経平均でしたが今日は98円高となり、昨日の下げ分を取戻して終ると言う展開。ジャクソンホール会合の結果を見極めたいと言うムードが強く、今日は日経平均も上昇しましたが、昨日売っていた投資家の買戻しが中心。上下に振れながらジャクソンホール会合の結果を待つ、今週はざっくりと言えばその様な展開でした。しかし銘柄重視の個別物色の動きは旺盛で、日経平均は軟調でも相場の中身を見れば何も問題は有りません。来週も引き続き銘柄重視の投資をして行けば良いと思います、今日は週末ですので買い出動は見送りましたが、週明けには順次買い出動を進めたいと思います。ジャクソンホール会合の結果も、株価を大きく動かすようなサプライズの発言は無いと思います。今は北朝鮮情勢の不透明感とトランプ政権の迷走なども有り、ジャクソンホール会合の結果を見極める前に敢えて動く必要は無いと言う局面です。しかしジャクソンホール会合を通過すれば、一つの警戒材料は無くなりますので、個別物色の動きは強まり易いと思います。日経平均が大きく動くには主力銘柄が買われる必要が有りますが、北朝鮮情勢などを考えるとそれも難しいと思います。又日々の売買代金も低調で、日経平均を大きく動かすには今は資金不足。そうなるとおのずと少ない資金でも株価が大きく動き易い小型株に物色資金も向かい易くなります。北朝鮮情勢が有る程度落ち着くまでは当面その様な状況は続きますので小型株優位の投資環境が続く、その様に考えて良いと思います。日本市場の現状としては日経平均は200日移動平均線を意識した展開になっています。本日その200日移動平均線は19300円付近に位置しており、テクニカル面から見ればいつ反発に転じてもおかしくは無いと言う状況でも有ります。この先仮に北朝鮮情勢が悪化し、日経平均が200日移動平均線を下回ってもう一段下げるとすれば次に意識される下値目処は19000円付近になります。特段の悪材料が出てこなければ日経平均の当面の下値目処は19300円付近、仮に何か悪材料が出ても19000円付近ですので、現株価水準からの下値不安は限定的です。日経平均に関してはこのような見方になりますが、そもそも今は銘柄重視で投資を考える投資環境です。全体よりも個を重視、その様なスタンスで有る限り特に警戒する必要は有りません。来週も保有銘柄の吹き上げを待ちつつ、チャンスが有れば順次買い出動を進めて行く、その様な対応になると思います。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る