出島テクニカルワールド(8月23日推奨銘柄 )

0823s

↑(週足)

 

 

 

0823h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/23(水)日経平均株価は△50円の19434円で終了。昨夜の米国株が減税政策進展への期待から大きく上昇、円安も進み今日は日経平均も買い先行で始まり寄り付き直後には19561円まで上昇しましたが、その後北米自由貿易協定を終らせる、メキシコ国境に壁は作るなど、トランプ発言が伝わり、円高が進んで日経平均も上げ幅を縮小。今週末にはジャクソンホール会合も控えており、トランプ発言は有ったものの、上値が重いのは想定内の事、しかし今日も2部銘柄や新興市場銘柄などを物色する動きは旺盛、海外情勢に不透明感は有りますが、引き続き好業績割安銘柄、テーマ株など、銘柄重視の対応なら特に神経質になる必要は無いと思います。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値113円】

(JQ)ブロードメディア(4347)  サービス  100株
同社はネット技術に強い放送企業で、教育事業、クラウドサービス・ゲーム事業なども手掛けています。7/28に発表された第1四半期決算は増収増益となり、2018年3月期見通しも増収・大幅増益見通し。利益率の高いクラウドサービスやゲーム事業が収益に貢献、加えてソフトバンクグループとのつながりが強く、直近では「ニンテンドースイッチ」向けゲームの企画開発を目的に設立されたポケットにも出資、株価水準も低位で、現在の海外情勢を考えれば主力銘柄は買われ難く、9月には東京ゲームショウも控えており、安値を仕込んで吹き上げを待つと言う投資も有望だと思います。テクニカル的には100円前後が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば時価近辺の113円付近でまずは1回目の買いを実行、その後安値が有れば100円付近で買い増しを実行すると言う対応が良いと思います。又は113円付近から数回に分けて買い下がると言う買い方も一考だと思います。当面は140円付近が上値目処になりますので利食い目処は140円接近時、但し90円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 任天堂関連の低位株
【第1買いポイント】  113円前後
【第2買いポイント】  100円前後
【売り値目標】  140円接近
【損切り設定】 90円を切れば損切り

 

ネット技術に強い放送企業。教育事業も。クラウドゲーム事業育成中。ソフトバンクと関係深い。放送は横ばい。前期好調だった字幕・吹き替え制作や配給事業は反動減。ただ、通信制高校の入学者数が増え教育事業拡大。クラウドゲームと映像配信の採算改善進む。ネットサービス提供の技術系子会社2社合併させ事業効率化。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る