出島テクニカルワールド(8月14日推奨銘柄 )

5381S

↑(週足)

 

 

5381H

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/14(月)日経平均株価は▼192円の19537円で終了。北朝鮮情勢の緊張の高まりを受けて今日は日経平均も売り先行で始まり寄り付き直後に19486円まで下落、しかし売り一巡後は下げ渋り、10時以降はほぼ横ばいの展開。国内外の多くの投資家が夏期休暇中と言う事もあり、一部の投機筋の売買で日経平均は振れ易いと言う状況ですが、北朝鮮情勢を過度に悲観する必要は無し、銘柄重視の発想で、好業績銘柄に関しては安値買いを狙って行くと言うスタンスで良いと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値412円】

(JQ)Mipox(5381)  ガラス・土石  100株
同社は微細表面加工の液体研磨剤大手で、光ファイバー向け研磨テープ、半導体ウェハーやHDD向けなどを手掛けています。8/9大引け後に四半期決算を発表しましたが、前年同期比で大幅増収・増益となり、2018年3月期業績見通しも大幅増収増益、1株利益は29円。来期は2016年7月期に連結化した日本研紙がフルに寄与し、売上・利益共に一段と拡大、1株利益見通しは47円になっています。テクニカル的にも業績拡大を見据えて上昇トレンドの展開が続いており、8/9の四半期決算発表後は北朝鮮情勢を受けて同社株も下落していますが、業績やテクニカル面から考えれば絶好の安値買いのチャンスです、もう一段の下げが有れば押し目買いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には380円台が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば多少の下振れは許容範囲と考えて390円台で押し目買いを狙いたいと思います。当面は直近高値水準の450円台が上値目処になりますので利食い目処は450円接近時、但し360円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。北朝鮮情勢の緊迫化を受けて、若干売りに押されている日本市場ですが、好業績、割安銘柄に関しては株価下振れ場面は絶好の押し目買いのチャンス、銘柄重視の対応なら北朝鮮情勢も過度に警戒する必要は無いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、割安銘柄
【第1買いポイント】  390円台
【第2買いポイント】  380円台
【売り値目標】  450円接近
【損切り設定】 360円を切れば損切り

 

微細表面加工の液体研磨剤大手。光ファイバー向け研磨テープも。フィルム受託製造は規模縮小。16年7月連結化した日本研紙がフルに寄与。好採算の光ファイバー用研磨材が回復基調。受託塗布事業も復調し採算改善。日本研紙の工場設備更新と情報システムの共通化投資こなす。営業益反発。

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/07
1部
6815
ユニデンHD
8/14終値285円、推奨後、待ち伏せ価格への下落無く上昇、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見て再度チャンスが有れば推奨を考えたいと思います。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る