週トレ短期売買(7月24日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

7/24(月)日経平均株価は▼124円の19975円で終了。先週末の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落、ナスダック指数に関しては11日ぶりの下落、時期的な事を考えればぼちぼち夏のバカンス入りに備えて一旦利食いモードに入りつつ有ると言う感じです。米長期金利が低下した事で円高が進み今日は110円台の後半まで円高が進行、今日は日本市場も売りが先行する展開で始まり、日経平均も前場には19901円まで下げ幅を拡大。

しかし後場に入ると円相場が111円台を回復し、日銀のETF買いも入った感じで急速に下げ幅を縮小。14時半頃には一時2万円を回復するなど買戻しが強まりましたが、それ以上に上値を買う材料も無く、終値では2万円台を維持する事は出来ず。しかしながら大局的に見れば引き続きボックス相場の中で上げ下げをしているだけの日経平均です。目先の上げ下げに一喜一憂する必要は無く、引き続き銘柄重視のスタンスで対応して行けば問題は有りません。米国ではスパイサー大統領報道官が辞任し、相変わらずトランプ政権は迷走中、日本でも今日から国会閉会中審査が始まり、加計学園問題が集中的に審議されています。日米共に政治リスクが意識される状況の中で、主要企業の四半期決算発表が本格化していますが、企業業績は日米共に総じて良好。政治リスクが無ければ日経平均も一段高の展開が期待出来たかもしれませんが、当面は政治リスクの折り込み一巡を待つと言う状況だと思います。今日も日経平均は下落していますが個別物色の動きは旺盛でした、個々の銘柄によって当然値動きに差は有りますが、テーマ株や小型材料株、好業績発表銘柄に関しては引き続き強気対応で良いと言う感じです。

 

 

【当面の相場展望】

日経平均に多少の上下動は有っても、日米共に今後主要企業の四半期決算発表が本格化して行きますので、本質的には引き続き個別物色が中心の展開に変わりは有りません。全体動向よりも個々の銘柄重視、その様な投資環境が続きます。

 

 

【明日の見通し】

当面は2万円を挟んでの上下動が続くと思います。明日も引き続き四半期決算発表を睨みながらと言う展開になります。投資スタンスも引き続き銘柄重視、全体動向よりも個を重視した投資スタンスで対応する環境です。

 

 

【投資アドバイス】

今日は日経平均は下落しましたが東証1部の騰落状況は値上がり銘柄の方が多く、円高を受けて日経平均採用の輸出関連銘柄が売りの中心。内需系は総じて堅調、今の日本市場の本質としては、日経平均の値動きを見るだけでは解り難さも有ります。米国株は過去最高値圏にあり、海外勢は夏のバカンスを控えている時期と言う事も有って、日経平均先物にはヘッジ目的の売りが入り易い局面です。安倍政権に対する政治リスクが強まっていると言う状況も考えれば尚更利益を有る程度は確定して夏のバカンスを迎えたいと言う心理が強まります。しかし個々の銘柄を個別に見れば、業績も好調で売る理由も無いと言う一面も有り、簡潔に言えば、短期筋としては一旦一旦利益確定売りを出したい、しかし長期筋としては個々の銘柄の安値は買いたい、その様な感じだと思います。安倍政権に対する政治リスクも、今すぐに政権が交代するほどのものでもなく、次の選挙を考えれば内閣改造の後には新たな景気対策発動と言う事も期待出来ます。トランプ政権に関してはそもそもスタート時から迷走中ですので今更悪材料にもなりません。諸々懸念材料は有りますが、日経平均の値動きよりも個々の銘柄を重視し、有望な銘柄をピンポイントで狙う、その様な投資スタンスを続けていれば若干解り難い今の相場でも十分に利益を追求する事は出来ます。

 

 

【本日の買い推奨銘柄】

明日はジャスダック銘柄7836アビックス(本日終値154円)の買いを実行したいと思います。同社は、商用映像看板(電子看板)の開発、販売を手掛ける、ファブレス(工場を持たない)メーカーで、大型商業施設、サッカースタジアム、自動車販売店などに既に納入実績が有ります。安定収益が見込めるリースは、訪日観光客向けに14ヶ国語が表示出来る小型電子看板を手掛け好調に推移、今後東京五輪に向けて電子看板の一段の普及が期待出来、株式市場でもにわかに注目が高まっています。足元業績も好調、今期は増収増益が見込まれ、テクニカル的にも既に買いシグナルが出現し上昇トレンドが継続中です。テクニカル的には140円台が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば時価近辺の150円台で買い実行が良いと思います。仮に安値が有れば140円台で買い増しを狙う、その様なスタンスが良いと思います。当面は200円付近が上値目処になりますので利食い目処は200円接近時、但し120円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。駅のホームや大型商業施設の中、大都市圏などのビル壁面や飲食関連施設でも電子看板の導入が増えており、インバウンド関連、東京五輪関連銘柄として現在の株価水準は割安だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る