週トレ短期売買(6月27日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

6/27(火)日経平均株価は△71円の20225円で終了。昨夜の米国市場は、NYダウは上昇して5日ぶりに反発したものの、ナスダック指数は下落して4日ぶりに反落。イタリア政府が経営危機に陥っていた中小銀行2行の破たん処理を決め、金融健全化が進むとの期待から欧州では銀行株が上昇、この流れが米国にも続き、金融株が買われてNYダウも一時111ドル高まで上昇。しかしその後発表された経済指標が市場予想を下回り、米最高裁がイスラム圏の一部の国からの入国を制限する大統領令の差し止め処分を条件付で解除するとの発表が有り、移民を巡る不透明感が台頭してNYダウも上げ幅を縮小。米国市場も日々株価の上げ下げは有るものの、手掛かり材料不足で高値圏での膠着相場が続いていると言う状況。本日の日本市場は円安が進んだ事が好感されて買い先行で始まり日経平均も寄り付き直後に20250円まで上げ幅を拡大。しかし円安以外にはこれと言った買い材料はなく、買いが一巡した後は売りに押されて上げ幅を縮小。昨夜の米国市場では長期金利が低下しており、本来なら円高に振れてもおかしくは無い状況ですが、その様な状況での円安進行に、強気になれない一面も有ると思います。今日も物色の中心は個別物色、関連する材料などが出た銘柄を物色すると言う動きが中心です。この所膠着状態が続いている日本市場ですが、今は3月期決算企業の株主総会のシーズンでも有り、このような時には機関投資家などは新たな売買を控える傾向が有りますので、それも日経平均が膠着している大きな原因です。加えて7/2には東京都議会選挙の投票日も控えており、今週は連日米経済指標の発表が続く事も見送りムードを強めています。特に手掛かり材料も有りませんので、目先のイベントなどの結果を見ながら順次株価に織り込むと言う展開になりやすく、当面は日々出て来る材料次第で上下に振れる、その様な展開が想定されます。しかしながら個別物色意欲は依然旺盛な日本市場ですので、銘柄重視の投資を基本にする限り日経平均の膠着した展開も特に問題は無いと思います。

 

 

【当面の相場展望】

25日移動平均線が20000円付近に位置し当面は20000円付近が下値支持帯になります、上値抵抗帯としては直近高値の20300円付近になりますので、当面の価格変動レンジは20300円~20000円、しかし物色の中心は今週も個別物色、全体動向よりも個を重視して対応して行く投資環境が続きます。

 

 

【明日の見通し】

日経平均に関しては円相場次第と言う基本は変わりません、円相場に大きな変動がなければ明日の日経平均も膠着した展開が続きそうです。しかし今の日本市場は個別物色の投資環境、全体よりも個別重視、その様なスタンスなら何も問題は有りません。

 

 

【投資アドバイス】

日経平均株価は、2万円台の値固めを進めていると言う状況が続いている日本市場です。一方、日経平均は膠着感が強くても、個別物色意欲は引き続き旺盛、今日も個別物色で値を上げる銘柄が多く、日経平均の上昇も個別物色の結果と言う感じもします。現在保有中の銘柄も引き続き保有継続でもう一段の上昇を待つと言うスタンスで良いと思います。推奨時利食い目処とした株価水準に近づけば、あらためてコメントは致しますが、ご自身でも保有銘柄の株価は常に確認し、利食い目処に近づけば確実に利食いを実行して頂ければと思います。今日の日本市場をみる限り、先駆して上昇した銘柄から、出遅れている銘柄に乗り換えると言う動きもそれなりに出ている感じがしました。物色人気を集めて上昇が続けば、いずれ過熱感も強まりこれ以上は買い難いと言う状況になってきます。そうなると、その銘柄を利食いしてまだで遅れている銘柄に乗り買えると言う動きが出てきます、今日などはそのような動きもかなり見えましたので、明日は出遅れ銘柄投資としてジャスダック銘柄の5987オーネックス(本日終値158円)の買いを狙いたいと思います。

 

 

【本日の買い推奨銘柄】

明日は、ジャスダック銘柄の5987オーネックス(本日終値158円)の買いを狙いたいと思います。同社は金属熱処理専業で、機械部品のガス浸炭熱処理に強みを持ち、受注は工作機械、産業機械、自動車向けが中心。中国の工場自動化を急ぐ設備投資拡大の動きも有って、足元の工作機械、産業機械業界の受注は良好、同社業績にも追い風になります。自動車関連は安定した受注があり、同社の業績も回復基調、2017年6月期見通しは増収増益、前期は赤字でしたが今期は黒字に転じる見通し、2018年6月期も増収増益が見込まれ、同社1株純資産は320円、同社株価にも底離れの兆しが見えます。テクニカル的にも上昇トレンドが続いており、本日株価も出来高を伴って一時191円まで急伸、その後上げ幅を縮めて終わりましたが、業績回復基調と低PBRを考えれば再度上昇に転じる可能性が高く、安値を仕込み吹き上げを待つと言う対応で臨みたい銘柄となります。多少の下振れは有るかもしれませんがまずは150円台で1回目の買いを実行し、仮に140円台が有れば買い増しを実行したいと思います。新興市場銘柄の出遅れ割安株を買う動きが強まっており同社株も一段高が期待出来ます。当面は200円付近が上値目処になりますので利食い目処は200円接近時、但し120円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る