リアルタイムサービス(6月16日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は111円高の19943円で終了。今日は円安を好感して買い先行で始まり、その後上げ幅を縮める場面も有りましたが、後場開始直後に一段高となって一時2万円を回復。
しかし2万円台を維持する事は出来ず戻り売りに押されて再度上げ幅を縮小、14時半過ぎには一時19800円台まで下げましたがその後大引けに掛けて切り返して終ると言う展開。
今日は上がれば利食いに押され、下げれば押し目買いで切り返すと言う若干乱高下的な動きになりましたが、物色意欲は依然旺盛。
日米中央銀行イベントを通過し、安心感から売買代金も増加、今日は東証1部の売買代金も3兆円を上回り活況となりました。
更に個別物色の動きも活発、日経平均に関しては来週もボックス相場的な値動きが想定されますが、個別物色が活発な状況ですので現在保有している銘柄に関しては引き続き期待が持てる投資環境が続きます。
今日の後場開始直後に一段高になって日経平均が一時20015円まで上値を伸ばしましたが、これは日銀金融政策決定会合の結果が現状維持となり、イベント通過後の投機筋の仕掛け的売買の結果だと思います。
簡潔に言えば買い仕掛けをしたものの後が続かずその後失速、しかし売りが強まる状況でも有りませんので19900円台は維持して終ったと言う感じ。
当面想定される日本市場の展開としては、2万円を中心に上下に振れると言う感じのボックス相場的な値動きが想定されます。
新たな手掛かり材料が出て来るまではその様なボックス相場的状況が続くと見ておく方が良いと思います。
どんどん上昇して上値を切り上げて行くと言う展開は現時点では余り期待出来ません。この先一段と円安が進むならジリジリと上昇する展開も有り得ますが、現時点ではそこまでの円安は期待出来ません。
しかし大きく円高が進むと言う展開も考えられず、良好な企業業績や日本の経済状況などを考えれば下値も底堅い展開が続くと思います。
上値も重い、しかし下値も堅い、その様な状況ですのでどうしてもボックス相場的な値動きになり易いと言う状況だと思います。
今の日経平均の株価水準は年初来高値水準ですので、簡潔に言えば高値圏での膠着相場が続く、当面の日本市場はその様な展開になると思います。
しかしながらこれまでにも繰り返し述べて来たように、その様な強含みの膠着相場と言う局面では個別物色の動きが強まり易く、テーマ株や材料株にチャンス有りとなります。
現在保有している銘柄も全てがテーマ株や材料株になりますので、来週も引き続き吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。
良い銘柄が有れば順次買い出動を進めて行きたいと思いますが、次の買い出動は持ち株を幾つか利食いした後にと考えています。
来週は幾つか利食いが出来ると思いますので、銘柄を入れ換えると言う発想で次の買い出動も考えたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る