週トレ短期売買(6月9日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

6/9(金)日経平均株価は△104円の20013円で終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇、コミー前FBI長官の議会証言を無難に通過した事から買い安心感が広がると言う展開。コミー前FBI長官の議会証言の内容に関しては、既に明らかになっているものと大差なく、トランプ政権への悪影響は限定的との見方が大勢。今日はコミー前FBI長官の議会証言を無難に通過した事から円安が進み日経平均も買い先行の展開で一時20096円まで上げ幅を拡大。しかし買い一巡後は英国総選挙で与党が過半数割れと言う結果を嫌気して日経平均も若干上げ幅を縮小。しかし2万円を回復して終るなど、週末でポジション解消売りが出易いと言う事を考えれば上出来と言う展開。又英国総選挙の結果も、メイ政権はハード・ブレグジット路線でしたので、今回選挙で敗北した事から、ソフト・ブレグジット路線になるのでは?とも見方が強まり、株式市場は好感したと言う感じ。強引なEUからの離脱よりも話し合いをしながらソフトに離脱と言う方が経済的には混乱は少なくなります。今回の英国総選挙の結果も、大敗では有りませんので、ほど良い結果になったのかも知れません。今後英国政治は連立政権の樹立を巡って混乱が続きそうですが、世界経済への影響は限定的、株式市場が悲観に傾くような事は無いと思います。

欧米政治イベントを通過し、需給要因のメジャーSQも通過、日本市場を買い見送りムードにしていた要因が無くなりましたので、来週は円相場次第では一段高の展開が期待出来ます。

 

 

【当面の相場展望】

欧米政治イベントを通過し需給要因のメジャーSQも通過、11日のフランス議会選挙、13日からの米FOMCがまだ有りますが、波乱要因にはならないと思います。日経平均の当面の変動レンジは20300円~19800円、底堅い展開が続く中で物色の中心は個別物色、その様な展開が想定されます。

 

 

【来週の見通し】

今日のSQ値は19997円、日経平均はSQ値を上回って終りましたので地合いは強含み、月曜日も買い優勢の展開で6/2の年初来高値20239円を試す展開が期待出来ます。

 

 

【投資アドバイス】

日本市場の現状としては、テクニカル的には上昇トレンドは継続中、しかしボリンジャーバンドは徐々に縮小し横ばいのような状況になりつつあります。このような状況を簡潔に言えば強含みのボックス相場になり易いと言う状況ですが、仮に日経平均がボックス相場的な値動きになり、2万円付近の値固めをすると言う展開になっても、銘柄重視の個別物色なら特に問題は有りません。テクニカル面から見ると来週の日経平均の価格変動レンジは20300円~19800円のゾーンになります。上昇トレンドは継続中の日本市場ですが、一本調子に上昇すると言う事にはならず、もみ合いながらジリジリと株価水準を切り上げて行くと言う感じの展開になりそうです。又、その様な展開は銘柄重視の個別物色にとっては良い環境となりますので現在保有している銘柄にとっても追い風になります。

 

 

【本日の買い推奨銘柄】

週明けの月曜日は、ジャスダック銘柄、5381 Mipox(マイポックス)(本日終値376円)の買いを実行したいと思います。同社は微細表面加工の液体研磨剤大手で、光ファイバー向け研磨テープ、半導体ウェハーやHDD向けなどを手掛けています。今期業績見通しは大幅増収増益に転じる見通しで業績急回復、1株利益は29円、同社1株純資産は444円有り、現在の株価には割安感も有ります。テクニカル的には、2015年高値658円からの大局調整局面も終わり、再度上昇トレンドに転じた初動局面と言う状況に有ります。まずは370円台で1回目の買い出動、この先仮に安値が有れば350円台で買い増し実行、利食い目処は440円接近時、但し320円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る