リアルタイムサービス(5月31日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は27円安の19650円で終了。昨夜の米国株が下落して円相場も111円を挟んでの膠着した展開。特段の手掛かり材料も無く、騰落レシオの一段の低下を待つ為の日柄調整が続いている日本市場。
上値は重いものの、下値も底堅く、今日の下落で4日続落となりますが下げ幅は小幅、調整完了のキッカケとなるような買い材料の出現を待っていると言う感じです。
国内企業業績は良好で下値を売り込むような材料は今の所は有りませんが、トランプ大統領の弾劾リスクが有る以上は強気で上値を買い上がると言う動きも出難い感じ。
欧州の政治情勢も不透明感を増しており、6/6には英国の総選挙が有り、6/11にはフランスの議会選挙が有ります。イタリアも総選挙を前倒しするような動きも有り、北朝鮮情勢も依然不透明。
先々に不透明感漂う要因が有りますので、それらも上値を買い難い理由です、しかしそれによって日経平均は膠着した展開になりますが、内需系のテーマ株や小型材料株など、個別銘柄には関係は有りません。
逆に主力銘柄が買い難い分だけ、内需系のテーマ株や小型材料株などには買いが向かいます。今の日本市場でも、日経平均は膠着した展開が続いていますが、個別物色は旺盛と言う状況が続いています。
欧州の政治イベントやトランプ大統領の弾劾リスクなどを考えると、このような状況はもう暫く続きそうな感じです。
簡潔に言えば、日経平均の値動きは余り気にせずに、銘柄重視で個別に対応して行くと言う投資環境がもう暫くは続くと言う感じです。
明日は保有銘柄の入れ替えをしたいと思います。一部銘柄を売却して新たな銘柄を買う、2銘柄を手仕舞いし、新たに1銘柄の買い出動をしたいと思います。
現在保有している銘柄の中から、3356テリロジー(本日終値366円)を明日は利食いしてポジションを解消したいと思います。
買値は330円付近ですので利食いになると思います、もう一段上昇出来るかもしれませんが、ここは手堅く利食いを実行して新たな銘柄に資金を投じたいと思います。
もう一つは6771池上通信機(本日終値150円)、上昇を期待して買い出動をしましたが値動きは今一、明日は150円付近で売却してポジションを解消したいと思います。
買値は150円付近ですので損益トントン程度となりますが、資金を回収して次の投資で儲ければ良い事です。
明日新規で買い出動をしたい銘柄は、ジャスダック銘柄の6314石井工作研究所(本日終値417円)。同社は後工程向け半導体製造装置メーカーで、精密金型及び自動車関連部品組み立ての自動化装置、検査装置の設計・製造・販売を手がけています。
自動車の電子化、スマートフォンの高度化、IoTや自動運転車など、半導体の需要は急拡大しており、同社には追い風と言える事業環境です。
加えて同社の筆頭株主がドローン事業を展開しているモバイルクリエイト、同社はモバイルクリエイトの各種システム機器の製造やドローンの製造も担当していると見られており、6月にドローンファンド立ち上げと言うニュースに昨日は大きく反応して株価も急騰。
2017年12月期業績見通しは減益見通しながらも1株利益は23円、足元の事業環境が急速に好転している事を考えると業績上方修正の可能性が高いと思います。
加えて同社1株純資産は647円、PER・PBRの両面から見ても割安感の有る株価水準です。
明日は410円台で買い出動し、利食い目処は460円接近時、但し5/19安値の376円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る