出島テクニカルワールド(5月30日推奨銘柄 )

0530s

↑(週足)

 

 

 

0530h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/30(火)日経平均株価は▼4円の19677円で終了。昨夜の米国市場が休場で手掛かり材料不足で始まった今日の日本市場ですが、円高が進み日経平均も一時19570円まで下げ幅を拡大、しかし後場には切り返して一時プラス圏まで浮上。日銀のETF買いが有ったような感じの展開です。日経平均は日柄調整局面が続いていると言う展開ですが、引き続き個別物色意欲は旺盛、新興市場銘柄やテーマ株などは買われる銘柄も多く、今は全体よりも銘柄重視、引き続き銘柄重視の個別対応なら特に問題は無いと思います。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値380円】

(JQ)イメージ ワン(2667)  卸売業  100株
同社は自社開発の医療画像システムが主事業ですが、衛星画像やドローン事業も展開、小型無人飛行機(UAV)を手掛けています。本日コロプラ元副社長でドローンビジネスに詳しい千葉氏がドローンに特化したファンドを設立して6月に立ち上がるとの報道が有り、株式市場でも関連銘柄に買いが強まりました。同ファンドが出資して、ベンチャー企業の成長を後押しし、世界展開を視野に入れた、国産ドローン企業の育成を目指すとの事です。同社もドローン関連の有望銘柄です、テクニカル的にも25・75・200日移動平均線を全て突破するなど買いシグナルが出現、明日は380円前後でまずは1回目の買いを実行、その後安値が有れば360円台までの下げは想定しながら買い下がると言う対応で臨みたいと思います。同社株は100株単位で買えますので分散買いもし易いと思います。安値待ち伏せなら360円台が有れば買いとなります。当面は3月高値水準の430円台が上値目処になりますので利食い目処は430円接近時、但し340円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。既に推奨済みのアクモス、石井工作研究所(本日利食い完了)、モバイルクリエイトもドローン関連銘柄ですが、イメージワンもドローン関連の出遅れ銘柄として買い有利と考えます。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】テーマ株投資
【ポイント】 ドローン関連の出遅れ銘柄
【第1買いポイント】  380円前後
【第2買いポイント】  360円台
【売り値目標】  430円接近
【損切り設定】 340円を切れば損切り

 

衛星画像の販売が起点。自社で開発手掛ける医療画像システムが主事業に。ドローンも展開。衛星画像は小型無人飛行機関連のソフトウエア堅調。医療画像の製品構成見直し等のコスト削減で営業益横ばいだが低空飛行。自由診療医科分野の予約・検索サイト運営。提携クリニックからの予約・送客手数料や広告収入の獲得見込む。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/23
ジャスダック
6314
石井工作研究所
5/30終値419円、本日高値467円、推奨時利食い目処とした430円を突破し利食い完了。明日以降安値が有れば再度買いを狙いたいと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る