出島テクニカルワールド(5月24日推奨銘柄 )

0524s

↑(週足)

 

 

 

0524h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/24(水)日経平均株価は△129円の19742円で終了。円安を好感して今日は買い先行で始まり寄り付き直後には19782円まで上昇。買い一巡後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小したものの、大引け前に切り返して上げ幅を拡大。今日は騰落レシオも160%を超えるなど、過熱感を警戒するムードは有るものの、アイランドリバーサルを解消する5/17マド埋めを達成した事から投資家心理も強気に。日本市場の現状は、過熱感は有るものの上昇トレンドは継続中、目先の高値圏に有る銘柄は買えませんが、調整が進み過熱感も無いテーマ株は循環物色期待から買えると言う感じです。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値378円】

(東1)モバイルクリエイト(3669)  情報通信  100株
同社はタクシーやバス向けに車輌の移動体管理システムを提供し、配車アプリ、ドローン事業、電子決済システムなどを手がけています。自動運転車やIoTにも関連する企業であり、2017年12月期業績見通しも大幅増収増益です。テクニカル的にも2月に469円まで上昇した後の調整局面も一巡し再度上昇に転じる兆し有り。4月以降は緩やかな上昇トレンドが続いており、騰落レシオの過熱感が意識される状況ですが、同社株に過熱感は無く、出遅れ銘柄物色で買われる可能性が大、テーマ性を持つ成長期待株として買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には360円台が目先の下値支持帯になりますが、時価近辺の370円台で1回目の買いを実行し、仮に360円台が有れば買い増し実行が良いと思います。同社株は100株単位で買えますので数回に分けて買い易い銘柄だと思います。当面は2/13日足チャート上のマド埋めとなる440円付近が上値目処になりますので利食い目処は440円接近時、但し4/6安値335円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。成長性が期待出来る出遅れテーマ株として買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】出遅れ銘柄買い
【ポイント】 成長期待のテーマ株
【第1買いポイント】  378円前後
【第2買いポイント】  360円台
【売り値目標】  440円接近
【損切り設定】 335円を切れば損切り

 

 

タクシーやバス向けに車両などの移動体管理システム提供。業務用IP無線システムが伸びる。車載など通信機器も契約台数拡大だが、タクシー配車アプリや米国とインド事業の先行投資負担が重く営業益回復鈍い。タクシー配車アプリは第一交通参加で今期中に提携タクシー5万台狙う。エンルート社のドローン製造の一部受託。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る