出島テクニカルワールド(5月18日推奨銘柄 )

0518s

↑(週足)

 

 

 

0518h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/18(木)日経平均株価は▼261円の19553円で終了。トランプ大統領の司法妨害疑惑を警戒して昨夜の米国株が大きく下落、円相場も一時110円台半ばまで円高が進行、今日の日本市場も売り先行で始まり日経平均は一時19449円まで下げ幅を拡大。売り一巡後は5/2マド埋め(19464円)を達成した事から買戻しが入り下げ幅を縮小して終了、もう一段の下げが有るのか?反発に転じるのか?は、今夜の米国株の動向次第。しかし今回の下げも少し先を見据えれば好業績銘柄の押し目買いのチャンスだと思います。売られ過ぎ場面が有れば少しずつ買い下がり先々の反発を待つと言うスタンスが良いと思います。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値233円】

(東1)日本冶金工業(5480)  鉄鋼  100株
同社はステンレス専業大手で、ニッケル製錬から圧延まで一貫生産をしています。ステンレス一般材は国内公共工事や自動車向けに需要は拡大基調、高機能材も半導体、太陽電池、燃料電池など先行きの事業環境は良好、5/9に発表された決算では、2017年3月期は小幅減収ながらも収益は急回復し、2018年3月期見通しも増収、2ケタの増益見通し。1株利益は23円、配当は倍増で5円配当、テクニカル的にも上昇トレンドは継続中、押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。好決算発表後に一時269円まで上値を伸ばした同社株ですが、その後は一旦調整入りの局面を迎えています。目先の下値支持帯は220円前後になりますので220円台で押し目買いを狙いたいと思います。米国株にやや不透明感も有り、日本市場も一時的には売られ過ぎると言う可能性も有ります、その場合は同社株も200円台までは下振れする可能性が有りますが、200円台が有れば買い増し実行で良いと思います。簡潔に言えば明日以降安値が有れば数回に分けて買い下がり、先々の反発を待つと言う対応が良いと思います。当面は260円付近が上値目処になりますので利食い目処は260円接近時、但し4/14安値188円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績銘柄の押し目買い
【第1買いポイント】  220円台
【第2買いポイント】  200円台
【売り値目標】  260円接近
【損切り設定】 188円を切れば損切り

 

ステンレス専業大手。ニッケル精錬から圧延まで一貫生産。高耐食・高耐熱など高機能材に注力。高機能材は海外向けが厳しいが、ステンレス一般材は国内公共工事や自動車向けに動意。原料との価格スプレッド改善し営業益上方修正。増配。18年3月期は一般材が数量やや増え価格も上向く。海外向け高機能材も底打ち。連続営業増益。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
04/28
ジャスダック
1724
シンクレイヤ
5/18終値496円、推奨時損切り設定価格を下回りましたので損切り実行。しかし業績急回復銘柄ですので中期保有可能なら保有継続で買値回復を待ってから売却でも良いと思います。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る