出島テクニカルワールド(5月9日推奨銘柄 )

0509s

↑(週足)

 

 

 

0509h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/9(火)日経平均株価は▼52円の19843円で終了。昨日の大幅高の反動から今日は目先の利食いが先行する展開で小幅に反落。今週末にはSQも控えており、当面は2万円~19500円のゾーンでの値固めの展開(過熱感を冷ます為のもみ合い局面)が想定されます。北朝鮮情勢も非公式ながら米朝話し合いに向けた動きが出始めています。国内企業の3月期決算発表もピークを迎えており、好業績の割安株中心に個別対応で買いで攻めると言う投資スタンスなら特に問題は無いと思います。当面は全体よりも個別重視と言うスタンスが最善だと思います。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値385円】

(東2)川金HD(5614)  鉄鋼  100株
過去に何度か買い推奨をした銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。同社は素形材、土木建築機材、産業機械が3本柱で橋梁用支承のトップメーカー。素形材や土木建築機材は、国土強靭化や東京五輪に向けての再開発投資などを背景の底堅く推移し、産業機械もゴム用射出成形機が堅調、産業機械は既存の自動車・建機以外の市場や北中米市場の開拓を進めるなどトランプノミクスに関連する一面も持ちます。16年3月に米国免制震企業を買収済み、米国では橋梁などの老朽化が激しく、同社は橋梁用支承のトップメーカーである点も思惑が高まりやすい材料です。2017年3月期決算発表を控えていますが、純利益は第3四半期までに既に通期の見通しを超過しており、営業・経常利益に関しても近々上方修正の可能性があります。第3四半期までの1株利益は50円、同社1株純資産は723円、現在の株価には割安感が有り、業績上方修正発表で株価が吹き上げると言う展開を想定して時価近辺の385円前後で買いを実行したいと思います。
当面は440円付近が上値目処になりますので利食い目処は440円接近時、但し4/13安値356円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 業績上方修正の可能性大
【第1買いポイント】  380円台
【第2買いポイント】  370円台
【売り値目標】  440円接近
【損切り設定】 356円を切れば損切り

 

素形材、土木建築機材、産業機械が3本柱。中核は川口金属工業。橋梁用支承のトップメーカー。土木建築機材は震災復興関連で底上げ。素形材も鋳鋼品は鈍いが異型鋼は安定。中国特損消滅のうえ、のれん特益。18年3月期は土木建築機材が堅調持続。素形材にも中国の構造改善効果が継続。前期買収した2社も通期寄与。営業益続伸。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る