出島テクニカルワールド(4月24日推奨銘柄 )

0424s

↑(週足)

 

 

 

0424h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/24(月)日経平均株価は△255円の18875円で終了。フランス大統領選挙が無難な結果に落ち着き株式市場も好感、円相場も110円台を回復し日経平均も大きく上昇。次は明日の北朝鮮軍創設記念日の動向に注目、何らかの動きが有るのか?明日以降週末にかけては北朝鮮動向次第の相場環境です。相場状況は依然不安定、日々上下どちらに振れてもおかしくは無く、当面は高値は追わず、安値が有れば買うと言うスタンスに徹する方が安全、北朝鮮情勢に改善の動きが出て来るまでは、慎重な対応を続ける方が良いと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値655,9円】

(東1)丸紅(8002)  卸売業  100株
明日25日は北朝鮮の軍創設記念日で、ミサイル発射?核実験?など何らかの動きが有るのか?有れば日本株も下振れ、無ければ安心感台頭で日本株も上昇、その様な展開が想定されます。北朝鮮情勢の改善が見えるまでは、無理に売買をする必要は無いと思いますが、仮に明日以降週末までに大きく下げるような展開になるなら突っ込み買いを狙い、戻り局面ですかさず利食いと言う投資も一考だと思います。念の為最悪のケースを想定して突っ込み買い狙いとして買い推奨をしますが、北朝鮮情勢に動き無く株価下振れが無ければ買い推奨も取り消しと御理解下さい。同社株のテクニカル的な下値目処は600円前後になりますので、突っ込み買いを狙うタイミングは600円接近が有ればとなります。利食い目処は、急落する前の株価水準まで戻した時になりますので650円付近への戻りで利食い実行となります。急落した場合前提の買い出動ですので損切りの必要性は有りません、一時的に下げ過ぎれば更に買い増しをして株価反発を待つと言う対応で良いと思います。2017年業績見通しは大幅な増益見通しにあり、2018年3月期も増益が見込まれ業績は好調、同社1株純資産は955円有りますので下値不安は限定的です。仮に大きく下振れする場面が有れば突っ込み買い狙いで対応したい銘柄です。600円付近で買えるかどうかは北朝鮮情勢次第、しかし可能性はゼロでは無いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 突っ込み買い狙い
【第1買いポイント】  600円前後
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  650円付近
【損切り設定】 なし

 

芙蓉グループの総合商社大手。穀物、発電で首位。プラントや紙パルプも強い。配当性向25%。非資源は穀物や紙パなどまだ弱い。ただ資源は減損減、下期価格高騰追い風で赤字急減。純益回復。18年3月期は農業資材、穀物で事業改善効果。通期小幅円安、資源高前提に資源純益わずかに浮上。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/21
ジャスダック
8927
明豊エンタープライズ
4/24終値144円、推奨から1ヶ月経過しましたが引き続き保有継続で上昇を待ちたいと思います、推奨時利食い目処、損切り価格に変わりは有りません。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る