出島テクニカルワールド(4月20日推奨銘柄 )

0420s

↑(週足)

 

 

 

0420h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/20(木)日経平均株価は▼1円の18430円で終了。昨夜のNYダウが下落して円相場も108円台で始まり、売り先行で始まってもおかしくなかった日経平均ですが、やや違和感のある展開で11時頃には18523円まで上げ幅を拡大。しかし後場は戻り売りに押される展開で14時以降は急速に上げ幅を縮めて終わってみれば1円安。北朝鮮情勢やフランス大統領選挙の行方を見極めるまでは方向感は出難く、企業決算や日々出て来る材料で個別に物色すると言う展開が続きそうです。

 

【銘柄情報】【本日終値502円】

(JQ)インテリジェントウェイブ(4847)  情報通信  100株
同社はソフト開発会社でカード決済システムでは国内首位、セキュリティー対策ソフトも手掛け、先々フィンテック関連分野でも期待が持てます。キャッシュレス決済の規模は年々拡大しており、それに対応する為のシステム開発案件も年々増加、セキュリティー対策投資も増加基調で同社の事業環境は拡大基調。業績も好調に推移し、増収増益基調が続く見通し、テクニカル的にも3/13高値600円からの短期調整局面も終盤、大局上昇トレンドは継続中で、押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には480円前後が目先の下値支持帯になりますので、480円前後待ち伏せスタンスで、480円前後への下げが有れば買いを狙いたいと思います。当面は550円付近が上値目処になりますので利食い目処は550円接近時、但し440円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。同社株を月足チャートで見た場合には依然上昇トレンドは継続中、現状は長期上昇トレンドの中での一時的な調整局面、ならば200日移動平均線付近が当面の下値支持帯になり、現在200日移動平均線は490円付近に位置しています。しかし依然不安定な相場環境であり、多少の行き過ぎは付き物です、4/6には478円の安値を付けており、安値買いを狙うなら480円前後での待ち伏せがベターな対応だと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 セキュリティ関連
【第1買いポイント】  480円前後
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  550円接近
【損切り設定】 440円を切れば損切り

 

ソフト開発会社。カード決済システム首位。内部情報漏洩対策関連を再強化。大日本印刷傘下。単独決算移行。第2四半期末の受注残は46億円と前年同期比2・1倍。システム開発はスマホ決済などが伸びる。セキュリティ対策の海外製パッケージも順調。営業増益幅拡大。18年6月期はカードブランド統合を背景に伸びる。連続増益。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
04/17
ジャスダック
6400
不二精機
4/20終値216円、推奨時待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る