出島テクニカルワールド(4月17日推奨銘柄 )

0417s

↑(週足)

 

 

 

0417h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/17(月)日経平均株価は△19円の18355円で終了。失敗に終ったものの、16日に北朝鮮がミサイルを発射、改善の動きが見えない北朝鮮情勢を警戒して円高が進み日経平均も一時18224円まで下げ幅を拡大。しかしテクニカル面では売られ過ぎ状態に有り、次第に買い戻しの動きが強まってプラス圏を回復、北朝鮮情勢に改善の動きが見えれば急反発の展開も期待出来ますが、依然状況は不透明。しかしもう一段の下落を想定した突っ込み買い狙いの対応ならリスクも限定的、今週は買えれば良し、買えなくても良し、下振れがあれば安値を買うと言うスタンスで臨みたい局面。

 

【銘柄情報】【本日終値198円】

(JQ)不二精機(6400)  機械  100株
3/17にも買い推奨をして既に利食い済みの同社株ですが、目先もう一段の安値が有れば再度買いを狙いたいと思います。同社は精密金型、成形品受託が主体で、2輪・4輪車部品中心に幅広く展開、中国、東南アジアに工場を持ち、トヨタ・ホンダなどの現地生産向けに供給、加えて好採算の医療機器向けも手掛けています。前期は為替差損などもあり業績も低迷しましたが、今17年12月期は増収増益に転じる見通しで1株利益見通しは22円、業績の回復を先取りするように同社株価も見直し買いの動きで4/3には一時288円まで上げ幅を拡大。その後は短期過熱感も意識されて調整入りとなり、北朝鮮情勢の緊張の高まりも有ってもう一段の下落も有り得る状況。しかし北朝鮮情勢も徐々に落ち着いて行くと言う展開が想定され、好業績、小型株に関しては、先々の反発を想定して、突っ込み買い狙いも一考と考えます。テクニカル的には170円台が下値支持帯になりますので170円台への下振れが有れば買いを実行、仮に多少行き過ぎると言う動きが有れば160円台が次の下値支持帯になりますので、160円台有れば買い増し実行で良いと思います。下振れなく買えなければそれも良し、下振れが有った時だけ買いを考えると言う対応で良いと思います。当面は230円付近が上値目処になりますので利食い目処は230円接近時、但し150円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。安全重視の場合は北朝鮮情勢に改善の動きが見えるまでは無理はせずに売買を休むと言う対応が良いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1・第2買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 業績急回復銘柄
【第1買いポイント】  170円台
【第2買いポイント】  160円台
【売り値目標】  230円接近
【損切り設定】 150円を切れば損切り

 

精密金型から出発、成形品受託が主体。2輪・4輪車部品中心に幅広く展開。中国、東南アに工場。トヨタやホンダ等の現地生産増を追い風に成形品は東南ア2輪・4輪向け増勢。前期黒字化したインドネシアは一段増。金型は中国での精密金型の大口受注剥落の影響が一巡、好採算の医療機器向け軸に拡大。営業益続伸。為替差損見込まず。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る