出島テクニカルワールド(4月7日推奨銘柄 )

0407s

↑(週足)

 

 

0407h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/7(金)日経平均株価は△67円の18664円で終了。昨夜の米国株高と円安を好感して今日は日経平均も買戻しが先行する展開で9時半頃には18785円まで上昇、しかしその後米国がシリアにミサイル攻撃実施との報道が伝わると、円高が進み日経平均もマイナス圏に急落。しかしミサイル攻撃は今回だけとの報道が伝わると再度円安が進み日経平均も上昇、シリア情勢を巡り円相場も株価も乱高下、依然不安定な相場状況です。今夜の米3月雇用統計の結果や米中首脳会談の結果次第で週明けの日本市場の展開も決まりますが、当面の投資スタンスとしては、好業績、割安銘柄の突っ込み買い狙いで吹き値売りスタンスが最善と言う感じです。

 

 

【銘柄情報】【本日終値422円】

(東1)イチケン(1847)  建設  1000株
同社は、マルハン(パチンコホール、年商2兆円超)系の建設会社で商業施設の建設・内装が主力、業績も好調で2017年3月期は過去最高益更新の見通し、来期も業績は続伸が見込まれ、1株利益80円を考えれば現在の株価には割高感も有りません。加えてカジノ関連として物色される傾向もあり、政府が今秋の国会にカジノ実現に向けて実施法案の提出を進めている事も潜在的な追い風になります。昨年10月から上昇が続いた同社株価も2/21高値519円で一旦目先の天井を形成、その後調整安に入り、3月末からの全体的な下げも有って同社株も一段安になっています。しかし業績面やカジノ関連の材料性を考えれば200日移動平均線が位置する380円付近が当面の下値目処、今夜の米3月雇用統計やシリア情勢、北朝鮮情勢など地政学的リスクの今後の推移次第ではもう一段の株価下振れも有り得ますので、買えれば儲けもの的発想で待ち伏せ買いを狙いたいと思います。待ち伏せ価格としては390円~370円のゾーン、利食い目処としては450円接近時、但し350円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。今日は米国がシリアにミサイル攻撃を実施したとの報道も有り、この週末の状況次第では株式市場のムードも一段と悪化する可能性も有ります、安全重視なら相場環境が良くなるまで売買は休むと言う対応が良いと思いますが、敢えて売買をするなら安値待ち伏せ対応で、突っ込み買いを狙い、反発局面ですかさず利食い実行と言う対応がベターだと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、低PER
【第1買いポイント】  390~370円
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  450円接近
【損切り設定】 350円を切れば損切り

 

ダイエー系からマルハン(パチンコホール、年商2兆円超)系へ。商業施設の建設・内改装が主力。受注が大型物件増え、830億円(前期776億円)に上振れ。つれて完工高が増加。18年3月期は期初手持ちが増加。受注が高水準維持なら、完工高拡大。五輪工事本格化で労務関係に懸念あるが、営業増益歩調。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る