出島テクニカルワールド(5月29日推奨銘柄 )

0529週

↑(週足)

日

↑(日足)

【全体相場解説と投資判断】
5/29(金)日経平均株価は△11円の20563円で終了。昨夜の欧米株の下落、中国株の続落、円相場も円高に振れたものの日本市場の底堅さは変わらず、小幅高ながらこれで11連騰。高値警戒感は有れども下がらない日本市場、いずれ適度な調整安場面は来ますが、それがいつなのかは神のみぞ知ると言う状況。しかし適度な調整場面が有れども大局上昇基調は変わらず、好業績、割安銘柄の押し目買いスタンスなら懸念は不要。調整が進んでいる銘柄や出遅れ感の有る割安株なら引き続き買いスタンスで特に問題も無いと思います。好業績、割安感の有る銘柄を中心に買いを狙って行くと言うスタンスで良いと思います。

【銘柄情報】(東1)住友ベークライト(4203)  化学  1000株
同社は住友化学系の樹脂加工大手、電子材料、自動車、医療関連事業を手掛け、加えて米ボーイング一次下請けを買収、材料性に置き換えればスマートフォン・自動車、円安メリット・IPS細胞、航空機関連となり、半導体関連で今後需要が見込める車載向けの開発も強化中。業績も好調見通しで16年3月期は増収・二桁の増益見通し、同社1株純資産は702円有り、現在の株価には依然割安感が有ります。現在日本市場では今期好業績見通しでPBR1倍割れ銘柄を物色する動きが有り、同社はその条件に該当する銘柄。テクニカル的にも上昇トレンド継続中、信用買い残のしこりも無く、既に2009年以降の高値を抜いており、当面は割安水準訂正高の動きが期待出来ます。しかしながら日本市場11連騰で強含みの相場展開が続きやや過熱感有り、この先適度な調整安が有れば買うと言うスタンスで560円台待ち伏せ、有れば買うと言う対応で臨みたいと思います。当面の上値目処は、600円前後になりますので利食い目処は600円接近時、但し540円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 好業績、低PBR
【第1買いポイント】  560円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  600円接近
【損切り設定】 540円を切れば損切り

 

住友化学系の樹脂加工大手。電子、自動車、医療、家庭向け注力。半導体封止材は世界首位。半導体関連材料の封止材が好調。だが、国内の建装材が低水準で微増益程度。16年3月期は買収のヴォーペルが通期で上乗せ。主力の半導体関連はスマホの好調を受け中国や台湾で伸長。北米の自動車向けに高機能プラスチックの好調持続。

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/20
1部
5711
三菱マテリアル
5/29終値493円、推奨時利食い目標価格500円に接近、週明けは利食い優先

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る