出島テクニカルワールド(3月22日推奨銘柄 )

0322s

↑(週足)

 

 

0322h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/22(水)日経平均株価は▼414円の19041円で終了。オバマケアの代替法案やドット・フランク法の修正案に対して議会審議が難航、今後大規模減税や財政出動も楽観出来ないとのムードが強まり昨夜の米国株が大きく下落、円高も進み、本日の日本市場もショック安と言う感じで大きく下落。米政治リスクに加えて明日は日本でも森友学園問題の証人喚問が有ります、株式市場のムードもやや弱気に傾いています。しかし日米株式市場共に過熱感が出ていた事は間違いなく、今日の下げもスピード調整のようなもの、日経平均や主力銘柄はもう暫く不安定だと思いますが、テーマ株や小型材料株に関しては安値拾いのチャンス、銘柄重視の投資ならさほど弱気になる必要は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値304円】

(JQ)シライ電子工業(6658)  電気機器  100株
3/8に買い推奨をして既に利食い済みの銘柄ですが、もう一段の下げが有れば再度買いを狙いたいと思います。3/16には327円まで上値を伸ばしたものの、円高や日米政治リスクの高まりを受けて一旦下げに転じています。同社はプリント配線板専業の中堅メーカーですが、任天堂が同社の株主で、製品も供給している事から、「ポケモンGO」の大ヒットを受けて昨年夏には同社株も急騰。しかしその後は急騰に対する調整も進み既に過熱感は払拭、自動車の電装化が進み、車載向け配線板などの受注も好調、工場の拡張も既に発表しています。又、任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売も好調との事、同社には潜在的な連想買いの思惑も有ります。2/14には2017年3月期業績を下方修正しましたがそれでも1株利益は21円、来期は増益が見込まれ、テクニカル的にも上昇トレンドは継続中、同社株は100株単位で買えますので290円台と280円台の2回に分けて買い下がりを狙いたいと思います。当面は直近高値水準の320円台が上値目処になりますので利食い目処は320円接近時、但し260円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。政策の迷走感が漂うトランプ政権、森友学園問題の証人喚問を明日に控えて一時的にリスクオフが強まっている日本市場ですが、少し先を見据えれば取り越し苦労になると思いますので、テーマ株や小型材料株に関しては安値は押し目買い狙いが有利だと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 任天堂関連
【第1買いポイント】  290円台
【第2買いポイント】  280円台
【売り値目標】  320円接近
【損切り設定】 260円を切れば損切り

 

プリント配線板専業の中堅メーカー。リジッド配線板の両面、低多層プリント配線板が主体。日中の車載向け配線板など受注好調だが、円高に伴い中国の売上目減り。アミューズ関連の出遅れ響き、検査機販売伸び悩む。18年3月期は日中とも車載向けが牽引。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る